【就活】ミッション・ビジョンへの共感を入れた志望動機の書き方

■志望動機にミッション・ビジョンへの共感を入れる理由

志望動機は必ずといっていいほど面接で質問される定番の内容です。
企業の採用担当者が求めるのは、企業・経営者の考えに賛同し、価値観を同じくできる人です。
同じ方向を向いて仕事ができることをアピールできれば、印象的な志望動機になるでしょう。

■志望動機にミッション・ビジョンへの共感を入れる方法

◆文字通りの意味プラスアルファの解釈をする

企業のミッション・ビジョンはたいていホームページに書かれています。説明会でもらう就活生向けの採用パンフレットにも書かれていることがあります。

ミッション・ビジョンに共感できたら、志望動機にも盛り込んでいきましょう。
ただミッション・ビジョンへの理解度は問われるため、短い文章の中にどんな意味がこめられているかを考えると厚みが出ます。

◆具体的に共感した部分を述べる

ミッション・ビジョンへの理解度をアピールするために、「ミッション・ビジョンに共感したから」プラス、どういう点でミッション・ビジョンに共感したのかをアピールできると良いでしょう。共通点となるエピソードもあれば添えましょう。

「共感したからです」と答えても、おそらく「なぜでしょうか」とさらに理由を深く質問される可能性があります。

◆ミッション・ビジョン以外の企業研究もしていることをアピール

エピソードのボリュームなどにもよりますが、志望動機が「ミッション・ビジョンへの共感」だけでは少々薄い印象を受ける場合もあります。

また第一志望の企業であれば、堂々と「第一志望です」と述べましょう。

■まとめ

志望動機は必ずといっていいほど面接で質問される定番の内容です。
・各企業で求められるのは、経営者や企業の担当者と考えを同じくできる人。
・志望動機にミッション・ビジョンへの共感を入れる場合は、
-文字通りの意味プラスアルファの理解・解釈
-ミッション・ビジョンのどこに共感したか
-ミッション・ビジョンと価値観が共通するエピソードを盛り込む
・ミッション・ビジョンへの共感以外にも企業研究をして、志望していることをアピールする。

分かりやすく理路整然と述べられればとても強い志望動機になります。チャレンジしてみてください。

関連記事

  1. 経営の神様ドラッカーから学ぶ経営理念、ミッション、ビジョン~…

  2. 【デザイン思考】思考フレームワーク特徴まとめ【PDCA】【O…

  3. 【企業研究】ミッション、ビジョン、経営理念の違いは?

  4. 【就活】やりたい仕事がわからない人の特徴と対策【転職】

  5. 理念やミッション、ビジョンが浸透している企業を見分けるヒント…

  6. キャリアビジョンを叶えるパラレルキャリアという働き方とは?