【経営理念-企業ピックアップ】宝ホールディングス株式会社

宝ホールディングス株式会社

1842年に前史である宝グループの歴史を開いた運命の出会いから始まり、現在では宝ホールディングス株式会社となり、傘下に宝酒造・宝酒造インターナショナル・タカラバイオなどを擁する持株会社になります。それらの主な事業は酒類・調味料などを製造・販売を取り扱っています。

宝酒造

同社の宝グループの中核事業である国内酒類・調味料事業の歴史は、1842年までさかのぼります。以来170年以上にわたり、時代や消費者が求める価値観や嗜好に対して、常に独創的で確かな技術に裏付けられた商品を提供してきました。
そして現在、清酒・焼酎や和の調味料の本みりんなど、日本の伝統的な酒類・調味料である「和酒」に強みを持つ国内有数のメーカーとして、独自の技術開発力と安定的な生産体制から生み出されるバランスのとれた商品ポートフォリオを築いています。

宝酒造インターナショナルグループ

近年、世界的な健康志向の高まりや「和食」のユネスコ無形文化遺産への登録などを契機に、海外で日本食の人気が高まる中、宝酒造インターナショナルグループは、海外の日本食レストランや小売店に日本食材などを販売する海外日本食材卸事業と、酒類の輸出や海外各地で製造販売を行う海外酒類事業を展開しています。

タカラバイオグループ

同社の宝グループのバイオ事業の使命は、遺伝子治療などの革新的な技術の開発を通じて人々の健康に貢献することです。
その実現を担うタカラバイオグループでは、世界中の大学・企業に研究用試薬や理化学機器、受託サービスを提供する「バイオ産業支援事業」を安定収益基盤に、将来の成長事業である「遺伝子医療事業」に研究開発費を投下し、さらなる成長を図ります。

安全・安心な商品やサービスを世界中に届ける

技術に裏付けられた安全・安心な商品やサービスを世界中に届けるとともに、医療の進歩に貢献し、世界の人々の暮らしを豊かなものにしていくことで、企業価値の向上を目指しています。
国内の酒類・調味料事業を担う宝酒造、海外で日本食材卸事業や酒類事業を展開する宝酒造インターナショナルグループ、バイオ事業を推進するタカラバイオグループなどを傘下に置き、同社グループ全社の経営を調整・統括し、最大限の事業成果を追求しています。

長期経営構想「TaKaRa Group Challenge for the 100th」

おいしさを追求する技術と革新的なバイオ技術によって、和酒・日本食とライフサイエンスにおける多様な価値を安全・安心に提供し続ける企業グループとなることで、人と人の繋がりと笑顔にあふれた健康的で豊かな日々の暮らしへの貢献を目指します。
2020年5月14日に、会社創立100周年となる2025年(2026年3月期)に向けた6年間の長期経営構想「TaKaRa Group Challenge for the 100th(以下、TGC100)」を公開しました。
また、TGC100の具体的な実行計画として、2022年度(2023年3月期)を最終年度とする3ヵ年の中期経営計画「宝グループ中期経営計画2022」、社会・環境課題に対するグループの考え方を示す「宝グループ・サステナビリティ・ポリシー」を合わせて公開しました。
TGC100では、宝グループのVision(ありたい姿)として「笑顔で繋がる豊かな暮らしを ~Smiles in Life~」を掲げ、その実現に向けて、技術力、商品力、ブランド力をさらに向上させ、「和酒・日本食市場」「ライフサイエンス産業」における多様な価値を提供することで、宝グループの国内外での存在感を高めながら、持続的な成長と飛躍を実現するという経営方針の下、2025年度の定量目標として、連結売上高3,400億円以上、連結営業利益230億円以上、海外売上高比率44%以上、ROE8%以上を目指します。

Misson 企業理念/「自然との調和を大切に、発酵やバイオの技術を通じて 人間の健康的な暮らしと 生き生きとした社会づくりに貢献します」

『「宝グループのアイデンティティ(宝らしさ)」は、宝グループの存在意義である企業理念[Mission]のもと、その実現に向けてグループ内の全社員が大切にしていくべき価値観[Values]を新たに定義し、TGC100で掲げた[Vision(ありたい姿)]とあわせて体系化したものです。この“アイデンティティ”を拠り所として、宝グループ社員一人ひとりの多様な力を結集することで、“宝らしさ”を持ち、グループとしての一体感を高めながら、[Vision(ありたい姿)]を実現していくための企業風土を醸成していきます。』

・Values グループ共通の価値観

「TaKaRa Five Values」
・信用が第一 ・技術・品質主義 ・チャレンジ精神 ・多様な力の結集 ・自分ごと化

・Vision ありたい姿

「笑顔で繋がる豊かな暮らしを」 ~Smiles in Life~
〇コアコピタンス(強み)…おいしさを追求する技術と革新的なバイオ技術
〇事業ドメイン(領域)…和酒・日本食とライフサイエンスにおける多様な価値
〇社会提供価値…人と人の繋がりと笑顔にあふれた健康的で豊かな日々の暮らしへの貢献

まとめ

宝ホールディングス株式会社の酒造の事業は歴史を遡ると非常に長い年月を誇ります。酒造メーカーと聞くと一見、アルコール飲料のみを造る企業が第一印象としてありますが、アルコール飲料以外にも、料理に使用される「料理酒」や「みりん」など、家庭の食卓への貢献にも一役買っております。
引用: 宝ホールディングス株式会社 https://www.takara.co.jp/

「vision」内 宝ホールディングス株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】セコム株式会社

  2. パーパス・マネジメントとは?ミッションやビジョンとの違い

  3. 【VISION DRIVEN】理想の働き方を実現している人は…

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ニチレイ

  5. 【就活】自己PRのポイント・やり方まとめ~企業のブランド戦略…

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】TOTO株式会社