【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ボルテージ

株式会社ボルテージ (Voltage Inc.)

2006年に配信を開始した “恋ゲーム(現:恋愛ドラマアプリ)”などを手掛ける株式会社ボルテージは、ストーリー性を重視した女性向けのアプリ「恋愛ドラマアプリ」を中心に、100タイトル以上を配信している会社です。

「恋愛と戦いのドラマ」

「恋愛と戦いのドラマ」をテーマとした、スマートフォンアプリの企画・制作・開発・運営、IP展開事業を行っています。主力は女性向けの「恋愛ドラマアプリ」であり、海外展開や男性向けアプリも配信中。近年では、新たな領域としてVR・ARコンテンツ事業や、自社IPを利用したイベント企画・グッズ等のリアルイベント事業、映画・アニメ化等の映像事業も行っています。

モバイルコンテンツ

日本語女性向け

ユーザー自身が主人公となり、好みのシチュエーション・イケメンを選び、理想の恋愛ストーリーを体験できます。2006年より配信を開始し、現在までに100タイトル以上を配信する当社の主力コンテンツです。

英語女性向け

英語圏の女性に向けた恋愛ドラマアプリです。「日本語女性向け」タイトルを翻訳したタイトルのほか、米国サンフランシスコにある子会社「SFスタジオ」オリジナルタイトルを配信中です。

男性向け

恋愛ドラマアプリとは一線を画す男性向けのアプリです。女性キャラクターの収集・育成要素等を取り入れたタイトルを配信中です。

イベント・ライツ展開

モバイルコンテンツの世界観やキャラクターをより深くユーザーに楽しんでいただくため、リアルイベントの企画・実施、グッズ販売、映像・音楽の制作、販売を行っています。

ユーザー・若い仲間と共に、新しい遊びを創出したい

創業から20年、スマホやSNSなど、環境は劇的な変化を遂げ、フィールドは、出発点であるモバイルコンテンツから、リアルイベント、舞台、音楽、映画まで広がりました。今、夢は大きく飛躍しつつあり、物語を送り出すだけではなく、ユーザーと共にネット時代の「新しい遊び」を創り上げることを目指しています。ネットとリアルの間で、今までになかった遊びを実現したいのです。この夢の実現のため、新分野への挑戦を続けています。共に働く若い仲間同士、「自発と責任」の精神で仕事に取組むことで、かつて経営者が経験したような、「新しき」を生み出す楽しさとビジネスを成立させる厳しさを知り、可能性を広げ、果敢に挑戦し、失敗から学び、成長し続ける会社でありたいと願っています。

ビジョン 01

「アート&ビジネス」で、世界に貢献する。

感動コンテンツを自らの力で生み出したい!これが私たちの原動力だ。“アート”と呼んでいる。私たちは、ユーザーから聞きたいのは「便利だね」ではなく「面白かった。感動した」という言葉だ。そのために、日々試行錯誤し探求している。
 心に響くコンテンツが生み出せたなら、多くの人に楽しんでもらいたい。“ビジネス”として成功させ、得た利益を次の創作につぎ込む。社会とのダイナミックなやり取りを通して、成長していきたい。だから、斬新なアイデアが絶え間なく湧きだし、実現できるような「連続的にヒットを生み出す仕組み」を築いていこう。
 私たちは、「アート&ビジネス」の好循環を生み出して、世界に貢献する。

ビジョン 02

「恋愛と戦いのドラマ」で、人々の「生活を盛り上げる」。

 物語の主人公が希求するのは、自身や大切な人との「幸福」だ。逆境の中、定めたゴールへ到達したい、奪われたものを取り戻そうともがきあがく。頑張るその姿に、観客は悩んでいるのは自分一人ではないと励まされる。それが物語の力だ。
 幸福は、究極的に「恋愛と戦い」に整理されると考える。恋愛とは、男女間の恋愛にとどまらず、人と人が認め合い支え合うこと。戦いとは、ライバル同士の競い合い、自分の弱さの克服、社会が持つ古い価値観への挑戦などだ。
 私たちは、ネット時代にふさわしい物語の形を編み出し、世界の人々の生活を盛り上げる。

ビジョン 03

「「自発と責任」で、自律し成長する個人・組織になる。

 提案文化を尊重し、自らの世界を広げることで成長する集団でありたい。仕事は、自発精神で取り組もう。自分でプランを立てたほうが楽しいし、のめりこんで良いものが生み出せる。自分の得意技とお客のニーズとの接点を見いだそう。自分の力を絶えず磨き続けよう。
 失敗を恐れずチャレンジしよう。ただし、致命傷を負わない用心深さや、ダメな時は撤退する勇気を持って。成長は、失敗からいかに学ぶかで決まる。失敗を認め、同じ失敗は二度しないようしっかり学び、自らの世界を広げていく。新しい世界を見ることに人生の大きな喜びがある。
 そして、もし失敗しても逃げないでほしい。そこで辞めてしまっては無責任だ。責任ある行動とは、失敗から学び、チームや会社に与えた損失を取り戻すこと。己の失敗の経験を周りに語り、同じ失敗をさせないこと。
 私たちは、自ら取り組み、失敗から学び、成長する個人・組織になる。

まとめ

たとえ短時間でも、アプリ(ゲーム)で夢見心地になり、人々の「生活を盛り上げる」という発想が素晴らしいと感じました。多忙な生活の中で、ほんの束の間でも、癒しの時間を提供してくれる企業です。

引用:株式会社ボルテージ https://www.voltage.co.jp/

「vision」内 株式会社ボルテージ

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】一正蒲鉾株式会社

  2. 【企業理念】クレドって何?なぜ会社員に必要なの?【われ信ず】…

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】東急不動産ホールディングス株式…

  4. 経営の神様ドラッカーから学ぶ経営理念、ミッション、ビジョン~…

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社アイスタイル

  6. 企業のビジョンに社員・個人がコミットする方法【経営理念の浸透…