【経営理念-企業ピックアップ】レンゴー株式会社

レンゴー株式会社

レンゴー株式会社は、食品・飲料・家電などの梱包に不可欠な段ボールや、菓子袋、ペットボトル・缶・瓶など、あらゆる包装製品を手掛ける「ゼネラル・パッケ-ジング・インダストリー」です。

段ボールの国内シェアNo.1

レンゴーは、日本で初めて段ボールの事業化に成功した企業であり、段ボールの国内シェアNo.1を誇ります。また、同社は段ボールの名付け親でもあります。「段のついたボール紙」から「段ボール」と命名・事業化し、レンゴーは国内の段ボール普及に大きく貢献しました。

ゼネラル・パッケ-ジング・インダストリー

レンゴーは「あらゆる産業の全ての包装ニーズを満たす」ことを目指しています。そのため、製品を供給するだけのサプライヤーではなく、自ら未来をデザインして新たな市場を創出する、「パッケージプロバイダー」として事業を展開しています。レンゴーは、「段ボール」「紙器」「軟包装」「製紙」「重包装」「海外」の6つのコア事業を連携させ、顧客からの様々な包装ニーズに応えています。

Less is more.

レンゴーでは、「Less is more.」をキーワードに、地球環境に配慮して事業を展開しています。省資源・資源の効率利用に注力しつつ、高品質な包装製品を開発し続けています。
この「Less is more.」には、より良い社会づくりに貢献し、企業としての社会的責任を果たすという、レンゴーの強い想いが込められています。

目指す姿「世界でベストワンの総合包装企業集団」

レンゴーは、目指す姿の実現を目指して以下の取り組みを進めています。

1.再生可能エネルギー利用拡大によう環境負荷のさらなる低減

2.海洋プラスチックごみ問題の解決に貢献する包装資材・生分解性素材の開発・普及の推進

3.古紙・板紙・段ボールのリサイクル循環の磨き上げ

4.流通現場の効率化に寄与する製品の提供

5.ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視してSDGsへの取組みを推進し、持続可能性を高める

経営理念

あらゆる産業の物流に最適なパッケージング(包装)を総合的に開発し、ゼネラル・パッケージング・インダストリーとして、たゆみない意識改革と技術革新を通じてパッケージング(包装)の新たな価値を創造しつづける

価値創造のための指針

1.活力ある事業活動を通じて、お客様の満足と信頼を獲得し、繁栄と夢を実現すること。

2.高い倫理観を持ち法令遵守を徹底し、常に誠実に行動すること。

3.積極的かつ正確な情報開示を通じ、広く社会とのコミュニケーションに努めること。

4.働く者一人一人の価値を尊重し、安全で働きやすい環境づくりに努め、ゆとりと豊かさを実現すること。

5.地球環境の保全に主体的に取り組むこと。

6.良き企業市民として社会に貢献すること。

7.グローバル化に対応し、各国・地域の法令を遵守するとともに、文化や慣習にも配慮した事業活動を通じて、当該国・地域の経済社会の発展に貢献すること

まとめ

レンゴー株式会社は段ボールや菓子袋、飲料の容器など、あらゆる包装製品を手掛ける「ゼネラル・パッケ-ジング・インダストリー」です。同社は6つのコア事業を連携させることで、顧客ごとに最適な包装製品を提案しています。「世界でベストワンの総合包装企業集団」を目指し、レンゴーはこれからも新たな価値を創造し続けます。

引用:レンゴー株式会社 https://www.rengo.co.jp/

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社システム情報

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】夢展望株式会社

  3. 個人がビジョンをもつ意義と今日から始められる具体的行動を再考…

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ニチレイ

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】アース製薬株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】川崎重工業株式会社