【経営理念-企業ピックアップ】花王株式会社

花王株式会社

花王株式会社は、1887年に花王株式会社の母体である「洋小間物商・長瀬商店」が設立されました。同社は、ひとつの石けんへの品質のこだわりから始まりました。「本当によいものを、多くのお客さまに届けたい。」という創業者の想いは、創業から130年以上経った現在にまで受け継がれています。

多種多様な製品を展開

同社グループでは、ハイジーン&リビングケア、ヘルス&ビューティケア、ライフケア、化粧品の4つの事業分野で、お客さまに向け事業を展開しています。
また、ケミカル事業においては、産業界のニーズにきめ細かく対応した製品を、幅広く展開しています。

ハイジーン&リビングケア事業

人々の日々の暮らしと社会を支え、快適な生活の向上に貢献するファブリックケア製品、ホームケア製品・サニタリー製品を展開しています。

ヘルス&ビューティケア事業

健康美と清潔衛生への貢献を通じ、人間全体をとらえた同社ならではの価値を提供するスキンケア製品・ヘアケア製品・パーソナルヘルス製品を展開しています。

ライフケア事業

同社グループの基盤技術を活用して、人類の命を守る新規事業を推進しています。
積み上げてきた研究開発で実現した高機能な製品と、モニタリング技術を活用した一人ひとりへの精度の高いソリューションの提供により、心身の健康をサポートし、人々のライフケアの向上を目指しています。

化粧品事業

一人ひとりの美や個性に寄り添い、スキンケア製品やメイクアップ製品を提供しています。

ケミカル事業

天然油脂原料から製造する油脂製品や、界面活性剤などの機能材料製品、トナー・トナーバインダーなどのスペシャルティケミカルズ製品など、幅広い産業界の多様なニーズに対応した、特長あるケミカル製品をグローバルに供給しています。

豊かな生活文化の実現をめざして

創業者・長瀬富郎氏の「本当によいものを、 多くのお客さまに届けたい。」という強い想いは、“よきモノづくり”の精神として130年もの間受け継がれてきました。
同社は、1890年に、国産の高級化粧石けん「花王石鹸」を発売しました。
当時は、質の悪い国産石けんか、高価な輸入石けんしかなかった時代でした。
そのような時代の中で、創業者・長瀬富郎氏の「買い求めやすい価格で顔も洗える品質のよい国産石けんをつくりたい」という強い想いから、国産石けんの開発に着手しました。
長瀬富郎氏は、自らも必要な化学知識、香料や色素の調合ノウハウを身につけ、開発に取り組みました。
顔も洗える高品質の国産石けんの誕生への想いを込め、当時、化粧石けんが「顔洗い」と呼ばれていたことから「カオ(顔)石鹸」と名づけ、「花王」という文字をあて、同社の社名の由来となりました。
品質を客観的に証明することにもこだわりました。
薬学博士などに石けんの分析を依頼し、その分析証明書と推薦文を桐箱に同封したのです。
今でこそ安全・安心・高品質の保証は、当たり前の時代ですが、この当時の日本で、消費者に向けて「品質保証」を示した手法は、例を見ない画期的なものでした。

画期的な戦略で「花王石鹸」を広めた

「よいものは、広く知られ、買って使ってもらってこそ、はじめてそのよさがわかる」という信念のもと、長瀬富郎氏は、広告・販売でも画期的な取り組みを行ないました。
広告では、「新聞広告の積極的な活用」「名妓を起用したポスターの制作」「鉄道沿線での野立看板の掲示」を試みるなど、独創的な広告宣伝活動を積極的に展開しました。
また、販売では、国内でもほとんど例のなかった全国販売を実現し、「花王石鹸」は全国に広まり、人々の暮らしに浸透していきました。

豊かな持続的社会への道を歩む

花王グループ中期経営計画「K25」

同社グループは、豊かな持続的社会の実現に向けて、2021年度から2025年度までの5ヵ年を対象とした「花王グループ中期経営計画K25(Kao Group Mid-term Plan 2025)」を策定しました。
ESG活動と投資を積極的に行うことで、「豊かな持続的社会」への貢献と会社自体の事業成長を両立させ、これからの社会に欠かすことのできない会社になることを目指します。
これからの世の中で必須とされる、切実な課題を解決できる事業領域を創造し、最小限の資源で最大の価値づくりができる、世界に誇れる企業を目指すとしています。

花王ウェイ(企業理念)・使命/豊かな生活文化の実現

使命

豊かな共生世界の実現

ビジョン

人をよく理解し期待の先いく企業に

基本となる価値観

正道を歩む・よきモノづくり・絶えざる革新

行動原則

共生視点・現場起点・個の尊重と力の結集・果敢に挑む
「『花王ウェイ』は、花王グループの企業活動の拠りどころとなる、企業理念(Corporate Philosophy)です。
中長期にわたる事業計画の策定から、日々のビジネスにおける一つひとつの判断にいたるまで、『花王ウェイ』を基本とすることで、グループの活動は一貫したものとなります。また一人ひとりの社員にとっては、会社の発展と個人の成長を重ね合わせ、仕事の働きがい、生きがいを得るうえで欠かすことのできない、指針でもあります。
花王グループの各企業・各メンバーは、『花王ウェイ』をマニュアルや規則としてではなく、それぞれの仕事の意義や課題を確認するための拠りどころとして共有しています。」

まとめ

花王株式会社は、国産の高級化粧石けん「花王石鹸」を発売からすべてが始まりました。以来、清潔・健康・美の領域を中心に、時代の変化に寄り添って事業を展開してきました。同社は今、豊かな持続的社会への貢献と事業成長を両立させ、今後の社会に欠かすことのできない企業になることを目指しています。
引用:花王株式会社 https://www.kao.com/jp/

「vision」内 花王株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】ジョルダン株式会社

  2. 【スタートアップ】話題のD2C(DtoC)とは?ビジョンドリ…

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】日本通運株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】エン・ジャパン株式会社

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】東京汽船株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社やまみ