【経営理念-企業ピックアップ】アヲハタ株式会社

アヲハタ株式会社

1932年、みかんの缶詰加工とオレンジママレードなどのジャム類の製造を目的として広島県竹原市忠海で創業したアヲハタ株式会社。創業以来培ってきたフルーツ加工技術を活かし、「フルーツのアヲハタ」を掲げています。

他社に見られないオリジナリティの高い製造技術

アヲハタは時代に先駆けて新しい商品を開発してきました。日本で最初の低糖度ジャムである、甘さの少ない「アヲハタ 55ジャム」シリーズをはじめ、低カロリージャム、フルーツと果汁だけでつくったジャムなど多様なニーズを先取りする商品を開発しています。また真空濃縮製法やHTST製法(高温短時間殺菌)、クリーンルームの充填室など、清潔な製造ラインを持つ低糖度ジャム専門工場など、他社に見られないオリジナリティの高い製造技術を持っています。
こだわりのポイント
・果実本来の香りを生かす製法の採用
・環境に優しい「軽量びん」やはがしやすい紙ラベルを採用
・「出来るだけ多くのお客様に優しく」を目指して、にぎりやすい多面体デザインや点字を付けたびん
・昭和45年、日本で初めて開発された低糖度ジャム「アヲハタ 55ジャム」シリーズ

世界に先駆けて開発した低糖度ジャム

ジャムは、果実の保存方法としてたくさんの砂糖を用い、さらに濃縮を加えたもので、古くヨーロッパで発達してきたものです。また、缶詰も食品の長期保存に最も確実な方法として世界中で発展してきました。しかし、何れも保存目的のために美味しさをこえた糖濃度や殺菌加熱が必要とされてきました。
アヲハタは、周辺技術や流通技術、家庭での冷蔵庫が発達した今日、こうした新しい条件を加味して美味しさ本位に加工技術を追求していくべきだと考え、世界に先駆けて低糖度ジャムシリーズを開発しました。
今日ではジャム業界においてトップブランドの地位を築いており、中でも家庭用びん詰ジャム市場での市場占有率は約50%、低糖度ジャムでは約70%のシェアを獲得しています。

「フルーツのアヲハタ」の実現に向けて(5つの経営方針、7つの課題)

アヲハタグループは2018年12月からの3年間を対象とする新たな中期経営計画を策定し、その中で5つの経営方針として「ジャム・スプレッド事業の盤石化」「産業用事業での新たな成長モデルの構築」「海外(中国)成長市場への本格参入」「新フルーツカテゴリーの創造」「一人ひとりが挑戦し成長できる企業風土の創造」を定めました。これらの経営方針のもと、めざす姿とする「フルーツのアヲハタ」の実現に向けて改革と成長の推進を図るとともに、この計画実現に向け、「ジャム・スプレッド市場の活性化」「産業用事業の更なる成長」「生産受託事業の収益改善」「海外(中国)事業の強化」「新フルーツカテゴリーの創造」「原料調達力の強化」「一人ひとりが挑戦し成長できる企業風土の創造」の7つの課題を挙げています。

経営/企業理念 「正直・信用・和」

この理念の背景には創業者である廿日出要之進氏がいつも唱えていた「缶詰は中身が見えないからこそ、これを製造する人は正直ものでなければならない」という言葉があります。これはアヲハタの社員一人ひとりにしっかりと定着している不変の経営理念とされています。

まとめ

アヲハタ株式会社は、創業以来の基本的な考え方「良い製品は、良い原料から」をもとに、オリジナリティの高い製造技術を開発するなど、フルーツの力を限りなく引き出して新しいフルーツ加工品を届け、「フルーツの摂取量向上」や「持続可能な社会の実現への貢献」を目指している企業です。

引用:アヲハタ株式会社 https://www.aohata.co.jp/

「vision」内 アヲハタ株式会社のページ

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社J-オイルミルズ

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社タカラレーベン

  3. 【就活】就活生が企業研究するときにWebサイトでチェックすべ…

  4. キャリアビジョンを叶えるパラレルキャリアという働き方とは?

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社クボタ

  6. シェアリングエコノミーって?サービス例、背景、企業、就職のポ…