【経営理念-企業ピックアップ】京成電鉄株式会社

京成電鉄株式会社

京成電鉄株式会社は、1909年創立の長い歴史を持つ鉄道事業者です。都心と成田空港を結ぶ鉄道事業など京成グループの経営の舵取りを行っています。

大きなポテンシャルを持つ成田空港輸送

定時性・速達性に優れた鉄道ネットワーク

成田空港へのアクセスルートとして、京成本線に加えて、都心と成田空港を結ぶ新たなアクセスルート「成田スカイアクセス」が開業しました。京成電鉄が運行するスカイライナーは、在来線で最速となる時速160kmで走行し、日暮里から成田空港間(空港第2ビル)を最速36分で結んでいます。これにより、世界の主要空港と比べても遜色のない空港アクセスを実現しました。
このほか、新橋・日本橋・押上方面から成田空港を成田スカイアクセス線経由で結ぶアクセス特急、そして、船橋など従来の京成本線経由で結ぶ特急を運行しています。
成田空港輸送における鉄道事業の競争力・優位性は、スカイライナーに代表される速達性と、成田スカイアクセス線と京成本線経由の2ルート運行による運行頻度にあります。

首都圏を広範囲にカバーする高速バスネットワーク

バス事業では、京成バスを中核として、成田空港と首都圏近郊を中心に各地方の中核都市にも路線を展開しています。
また、京成バスをはじめとする京成グループのバス会社他では、東京都心と成田空港の間を結ぶ日本最大の空港連絡バス「エアポートバス東京・成田」を運行し、成田空港の早朝や深夜時間帯の航空機発着に対応した輸送サービスを展開しています。

京成グループの事業エリア

京成グループは、東京・千葉・茨城を基盤に、運輸業、流通業、不動産業、レジャー・サービス業、建設業等、計127社からなる企業でグループを構成しています。

運輸業では、京成電鉄を初めとする鉄道事業8社とバス事業21社、タクシー業36社で首都圏の交通を支えています。
流通業では、百貨店や商業施設、スーパー等10社で、同社グループの事業エリアを中心に商品やサービスを供給しています。
不動産業7社では、同社グループ沿線の都市開発や賃貸・リフォーム等を行っています。レジャー・サービス業では、レジャー業16社、サービス業10社によって、飲食・映画・ホテル・旅行・広告代理業等を展開し、事業エリアに住んでいる方々の生活に、楽しさと潤いを提供しています。
建設業2社では、同社グループの各施設・設備等の建設やメンテナンスを、その他の事業17社では、自動車教習所や保険代理、鉄道車両整備等の多様な事業を展開しています。

「EVOLUTION PLAN」

同社グループは、事業の中核である交通運輸事業の競争力・収益力をさらに強化すると共に、地域に密着した堅実な総合生活産業を展開し、地域経済を代表する企業グループの地位を拡充するとして、長期経営計画「EVOLUTION PLAN」を掲げました。
この長期経営計画の達成のため、同社グループでは現在、中期経営計画「E4プラン」を推進しています。

「E4プラン」

1.基本方針
・グループ経営強化による収益拡大の確実な実現
・安全かつ安心なサービスの提供
・社会的要請に対応した経営推進体制の確立
などの経営戦略を掲げています。

グループ経営理念/「京成グループは、お客様に喜ばれる良質な商品・サービスを、安全・快適に提供し、健全な事業成長のもと、社会の発展に貢献します。」

『「グループ経営理念」は、当グループの経営に取り組む基本姿勢及び存在意義・社会的使命という社会との基本的な関わり方を明らかにしたものです。』

「お客様に喜ばれる良質な商品・サービスを」

『少子高齢化等によるマーケットの縮小傾向が続くなか、従来の業界や国境を越えた大競争時代を迎えています。京成グループは、時代の流れとともに変化するお客様のニーズに常に応え、お客様に選ばれていかなければなりません。私たちは「お客様に喜ばれる良質な商品・サービス」を創出していくことを目指します。』

「安全・快適に提供し」

『「安全」とは、鉄道、バス、タクシー等交通事業やレジャー・サービス業におけるお客様の命をお預かりする上での安全であり、流通業における食品、製造業における製造物、建設業における建物などに対する広い意味での安全を指しています。「グループ行動指針」のなかでも「安全・安心を第一」と定めてあるように、京成グループの社会的使命の根幹となるものです。』
『「快適」とは、お客様に気持ちよくご利用いただくことを指し、具体的には「グループ行動指針」で、「あいさつを励行し、お客様の立場にたって行動します」と定めています。「BMK(ベストマナー向上)推進運動」もその一環で実施しています。』

「健全な事業成長のもと」

『京成グループは、地域に根ざした事業を中長期的視点から営んでおり、また、交通事業という公共性が高い性格の事業を中核としていることから、その社会的使命を果たすためにもグループ各社の健全な事業成長が重要となります。』
『また、「健全」には「企業倫理」、「環境」への適切な対応も含まれ、「グループ行動指針」にも定めています。』

「社会の発展に貢献します」

『京成グループの目的は、グループ各社の事業を通して社会の発展に貢献することです。特に東京都東部、千葉県、茨城県を中心とした地域社会の生活を豊かにすることです。』
『また、成田空港アクセスを担うグループとして、より広く社会の発展に貢献します。この理念に基づいて行動指針を私たち社員が実践することにより、その結果として「社会の発展に貢献」できるように私たちは日々の業務に取り組んでいます。』

まとめ

京成電鉄株式会社は、安全性・快適さでお客様が笑顔になれるよう、鉄道事業などに力を入れています。京成グループを代表する企業として、今後はより地域に密着した事業を展開し、更なるサービス品質の向上を目指しています。
引用: 京成電鉄株式会社 https://www.keisei.co.jp/

「vision」内 京成電鉄株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社NTTデータ

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】東日本旅客鉄道株式会社

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】ピジョン株式会社

  4. ユニコーン企業とは?日本、世界の企業の例とミッション・ビジョ…

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】ロート製薬株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ジャパネットホールディ…