【経営理念-企業ピックアップ】古河電気工業株式会社

古河電気工業株式会社

古河電気工業株式会社は、1884年に創業しました。創業から今日まで、エネルギー・情報・熱を伝える・繋げる・蓄えることを事業の柱として、「メタル」「ポリマー」「フォトニクス」「高周波」の4つの技術力を核とし、多岐にわたる製品を世界中に展開しています。

超電導技術のパイオニア

電力・エネルギー分野のみならず、MRI(医療用磁気共鳴断層撮影装置)やリニアモーターカー、核融合技術などの多様な分野でも、超電導技術は応用が期待されています。
同社は、他に先駆けて1960年代に金属系超電導線材の研究開発を開始しました。
以来、金属系はもとより、1986年に発見された酸化物超電導体(高温超電導)による線材についての技術開発も進め、現在その技術は世界でもトップクラスとなっています。
地球温暖化問題を背景に、エネルギーの効率的利用があらゆる分野で課題となる中、送電ロスを大きく低減する超電導高効率送電の実用化を目指した研究開発を進めています。

成長を支える重点事業分野

同社は、「メタル」「ポリマー」「フォトニクス」「高周波」の4つの技術を核として、情報通信ソリューション、エネルギーインフラ、自動車部品・電池、電装エレクトロニクス材料、機能製品、サービス・開発等の6つの事業分野において、多岐にわたる製品を展開しています。
世界シェアNo.1をはじめ、多くの事業領域で同社の製品は、社会に貢献しています。

古河電気工業の事業領域

情報通信ソリューション 安心・安全の社会インフラを支える光ファイバネットワーク

ファイバ・ケーブル、ファイテル製品、ブロードバンドソリューションの3つの事業から成り、情報通信インフラに関連する製品の製造・販売および情報通信ネットワークの設計・施工・サービス等を行っています。

エネルギーインフラ 再生エネルギーの技術革新による、5G社会を支える

電力事業、産業電線・機器事業から成り、超高圧、高圧、中低圧のケーブルや機器等の製造・販売および敷設を行っています。

自動車部品・電池 人と車と世界をつなぎ、より安全で快適、地球環境にやさしい自動車の未来を支える

ワイヤハーネス、ステアリング・ロール・コネクタ、鉛バッテリ状態検知センサ等の自動車部品事業および同社の子会社による電池事業から成ります。

電装エレクトロニクス材料 素材を作る開発力を活かし、グローバル化し続ける社会に応える

AT・機能樹脂、サーマル・電子部品、メモリーディスク、銅箔から成り、樹脂および非鉄金属を加工した各種機能製品の製造・販売を行っています。
情報通信の高速大容量化が進む5Gの社会と、それを支えるサステイナブルな社会へ、多岐にわたる製品群で貢献しています。

サービス・開発等 経験・実績を活用して、最適なロジスティクス・ソリューションを提供

主に、物流、不動産の賃貸、水力発電、新製品研究開発、各種業務受託等による当社グループ各事業のサポート等を行っています。

古河電工グループビジョン2030

「古河電工グループは『地球環境を守り』『安全・安心・快適な生活を実現する』ため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社会基盤を創る。」

30年のありたい姿と25中計の位置づけ30年のありたい姿(各事業領域)

パートナーとしてお客様と共に新たな価値を創造し、社会課題を解決
~古河電工グループの技術・製品・サービスが、「支え」となり「活用される」ことを通じて~

各領域における30年のありたい姿

【情報領域】

○B5G社会の実現による通信トラフィック増大⇔フォトニクス技術で支え社会基盤を構築
革新的光ファイバ、V2X、5G-AP、光電融合、量子中継、データセンタ冷却システム、エネルギーレーザ

【エネルギー領域】

○2050年カーボンニュートラル実現⇔豊富な経験と技術力でインフラ強靭化と資源循環型社会を実現
超高圧ケーブル、直流ケーブル、バイポーラ型鉛蓄電池、DCマイクログリッド、超電導

【モビリティ】

○xEV、CASE、MaaSの推進⇔ 部品、システム、アプリケーション提供で、安全/安心な移動を実現
アルミ軽量化、周辺監視レーダ、車載・インフラ通信装置、インテリジェント歩道

【新領域】

○安全/安心への社会要請⇔ライフサイエンスや社会インフラ維持管理に機器やサービスを提供
テルミノ、非侵襲血糖値測定器、みちてん、ホールスラスタ用電源

30年ありたい姿、サーキュラー・エコノミーの実現

「新たな価値創造に向けた経営リソースの投入継続により、サーキュラー・エコノミーの実現に貢献」

古河電工グループ(企業)理念/絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献

基本理念

世紀を超えて培ってきた素材力を核として、絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献します。

経営理念

私たち古河電工グループは、人と地球の未来を見据えながら、
・公正と誠実を基本に、常に社会の期待と信頼に応え続けます。
・お客様の満足のためにグループの知恵を結集し、お客様とともに成長します。
・世界をリードする技術革新と、あらゆる企業活動における変革に絶えず挑戦します。
・多様な人材を活かし、創造的で活力あふれる企業グループを目指します。

まとめ

古河電気工業株式会社は、創業以来、情報通信やエネルギーなどのインフラ分野や自動車部品分野・エレクトロニクス分野へ、多岐にわたる製品を提供してきました。今後は、情報・エネルギー・モビリティが融合した社会基盤を創ることを目指しています。

引用:古河電気工業株式会社 https://www.furukawa.co.jp/

「vision」内 古河電気工業株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社プラッツ

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社セリア

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】林兼産業株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社トーセ

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】セントラル警備保障株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】ザ・パック株式会社