【経営理念-企業ピックアップ】株式会社東京ドーム

株式会社東京ドーム

株式会社東京ドームは、1936年に設立されました。世代を問わず、多種多様なニーズに応じたさまざまな施設を有するグループです。

「感動」を共有し、持続的に企業価値を創出する100年企業へ

同社グループはいつの時代にも、ほかに先駆けて、さまざまなレジャー施設とサービスを多くの人々に提供しています。
今後も、レジャー事業の拡大を見据え、心から楽しめる安全・安心な都市型レジャーを追い求め続けることを社会的な使命ととらえ、レジャー・サービス業の100年企業として変わることのない「感動共有」と、次世代の新たな価値を持続的に創出していきます。

東京ドームグループの力

立地力

レジャー、観光、ビジネスをはじめ、あらゆるニーズに対応する便利な立地です。

施設力

世代を問わず、多様なお客様の「心を動かす」施設が揃っています。

イベント力

多種多様なイベントを常に開催し、老若男女問わず多くの人を集めています。

施設の特徴

・アクセス至便の好立地
・ニーズに応える集客施設

財務基盤

・日々の営業から得られる安定したキャッシュ・フロー

人が活きる基盤

・風通しのいい企業風土
・専門性に富んだ人材群

レジャーの源

・レジャー事業を企画、運営、管理するノウハウ
・新しい価値を創造する力

社会との繋がり

・長年顧客に愛された「東京ドーム」「後楽園」ブランド

中期経営計画「新機軸」(2017年1月期~2021年1月期)

4つの経営方針

[基本方針]

レジャー事業の拡大を見据えて経営資源の最適配分を進め、持続的に企業価値を創出する100年企業を目指します。

[投資方針]

安定的な収益基盤の底上げに向けて、平均的な年間の投資規模を「起動」から拡大します。
さらに、ピークアウト事業およびノンコア事業も含め、多元的に評価した事業性に基づき、資産の入れ替えを推進します。

[財務方針]

よりキャッシュ・フローを重視する経営を行い、投資は利益の範囲内で積み上げます。

[株主還元方針]

経営環境の変化に関係なく、株主への還元を安定化させるために、「安定配当」と「収益連動配当」の二段階の株主還元方式を導入します。

企業理念/お客様に心から楽しんでいただける都市型レジャーを追い求める

「(株)東京ドームは、いつの時代も様々なレジャー施設とサービスを多くの人びとに提供してきました。これからも、お客様に心から楽しんでいただける都市型レジャーを追い求め続けることを社会的な使命ととらえ、レジャー・サービス業のリーディングカンパニーとして挑戦を続けます。」

経営理念・企業目的

「私たちは人と ひと とのふれあいを通してお客様と『感動』を共有し豊かな社会の実現に貢献します」

安全理念

「東京ドームグループは、お客様と『感動』を共有するために、安全を第一に考え、行動します」

まとめ

株式会社東京ドームの歴史は、1936年に株式会社後楽園スタヂアムを創立したことから始まりました。今後も、レジャー事業の拡大を見据えて、経営資源の最適配分を進め、持続的に企業価値を創出する100年企業を目指していくと思われます。
引用:株式会社東京ドームhttps://www.tokyo-dome.jp/index.html

「vision」内 株式会社東京ドーム

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】リンナイ株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社駅探

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】アース製薬株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ボルテージ

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社アイスタイル

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】和弘食品株式会社