【経営理念-企業ピックアップ】株式会社スマートバリュー

株式会社スマートバリュー

株式会社スマートバリューは、テクノロジーの力を信じ、社会に新たな価値を創出できるサービスを手掛けています。オンライン行政プラットフォームやカーシェアの事業化を支援するプラットフォームなど、デジタルの推進により豊かな暮らしを創造していきます。

信頼できる情報を届ける「SMART L-Gov」

スマートバリューのクラウドプラットフォーム「SMART L-Gov(スマート エルガブ)」は、情報発信を通じて社会の様々な課題の解決に貢献します。
デジタル化・リモート化が進む中、風水害をはじめとする緊急事態が多く発生する昨今、自治体や公的機関からの早さが求められる情報発信は非常に重要になっています。
同社が開発した「SMART L-Gov」は、行政・自治体や公的機関などの情報の透明性を向上し、社会の暮らしを安全・安心・快適・便利に過ごすためのクラウドプラットフォームです。
日常の行政・自治体や公的機関サービスから非常時の緊急情報まで、情報発信を通じて安心して暮らせる毎日を提供しています。

多様なクラウドプラットフォームを展開

スマートバリューでは、地域社会や行政、モビリティなど、幅広い分野へ向けてクラウドプラットフォームを提供しています。
国民生活を支える社会的基盤として導入されるマイナンバーや、行政機関の積極的なウェブ活用による開かれた電子行政の推進「オープンガバメント」などを見据え、広報広聴・防災・防犯・子育て支援など、生活に必要な住民情報分野におけるサービスの提供しているほか、モビリティから取得した多様なデータを分析・活用することで、交通事故の削減、渋滞の緩和、車両利用の効率化など、様々な社会課題の解決も推進しています。

Moonshot Vision 2028

これは、創業100周年となる2028年に向けてスマートバリューが策定した、中長期ビジョンです。同社は、デジタルとコミュニティの力による、未来の社会システム(スマートシティ)の創造を目指しています。
ビジョン実現へ向け、デジタルガバメント、モビリティ・サービス、ヘルスケアなどの領域におけるクラウドサービスの充実を推進していきます。

フィロソフィー/「変わりゆく時代を創造する主体者になる」

目的「社会の公器として永続する事業体となる。そして変わりゆく時代を創造する主体者になる。」

「社会の主体者であり続ける責任者を持って事業を推進し、社会の共有財産である『会社』の成長によって価値を増大させ、関わるヒトたちが物・心ともに幸せを享受し、それを経て次の世代へと確実に意思を紡いでいく。」という目的を掲げています。

ミッション「スマート&テクノロジーで歴史に残る社会システムを創る!」

「『目的』にも繋がるが、ミッションドリブンな企業はサスティナブルであるという大前提に基づき、当社のミッションにおいては、常に『それは社会を良くするのか?』『それは歴史に残るような社会システムになるのか?』を全員がシッカリと考えることが大切。」というミッションを掲げています。

まとめ

株式会社スマートバリューは、クラウドプラットフォームを中心としたサービスで、社会に新たな価値を創出し続けています。同社は今後、デジタルと地域社会を繋げ、スマートシティの創造を目指していきます。「変わりゆく時代を創造する主体者」として、新たな社会システムを構築していきます。

引用:株式会社スマートバリュー https://www.smartvalue.ad.jp/

「vision」内 株式会社スマートバリュー

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】養命酒製造株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】日東製網株式会社

  3. 【企業研究】マーケティング職ってどんな仕事?どうしたらなれる…

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ZOZO

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】EIZO株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ワークマン