【経営理念-企業ピックアップ】NTTデータ

Trusted Global Innovatorをグループの経営理念・Visionとして掲げるNTTデータは売上高2兆円を超えるSI最大手企業です。そんなNTTデータを経営理念から紹介させて頂きます。

「vision」内 株式会社エヌ・ティ・ティ・データのページ

NTTデータ = SI(SIer)企業

そもそもSI(SIer)とはなんでしょうか。SIとはシステムインテグレータの略で社会に必要なシステムを提供している企業を指します。

世の中を裏で支えるシステムとSier

システムは世の中をあらゆる場面で支えています。例えば、電車に乗って出かけるとします。改札でSuicaをかざし、電車に乗り、目的の駅で改札を出ます。このときも改札の中では、Suicaを読み取った情報をサーバに送信し、個人情報をもとにデータベースからチャージ金額を特定、そして改札ゲートを開く。この一連の流れは、Suicaをかざしてからゲートが開くまでの間にシステムが動くことで可能としています。他にも電車の到着を知らせる電光掲示板は電車が特定の区間を通過した時に情報が送信され、システムが処理することで表示されるなど、ITシステムは、私たちの便利な生活と密接に関わっています。

大きな需要

世の中の便利さは、ITシステムなしでは実現することはできません。このため、社会のシステムへの需要はとても大きなものです。電気メーカーとして有名な日立や富士通も売上構成比ではこのITシステムが最も多くを占めることからも需要の大きさを伺うことができます。しかし、社会を裏から支えているため、SI業界にはあまり有名ではない大企業も多数存在します。その一つがNTTデータです。

業界のリーディングカンパニー

売上高2兆円を超える大企業

NTTデータはSI企業の最大手で2017年のITサービスの売上高では2,1171億円と2位に倍の大差をつけています。IT全体で見ても、富士通30,527億円、NEC 28,444億円、につぐ第3位の結果を残しています。AI、IoT、ビックデータなど流行り廃りが目まぐるしいIT業界を長年に渡り牽引してきました。

マルチベンダー

そんなNTTデータはSI業界のリーディングカンパニーとして様々な業界に様々なシステムを提供してきました。提供先は官公庁や自治体、銀行、病院、製造、小売など多岐に渡ります。「世界を変える、変わらぬ信念」という理念のもと、世の中をより豊かに、より便利に変えてきました。

グローバルカンパニーへ、さらなる成長を目指して、

グローバル企業へ

NTTデータはグループの経営理念にもあげられるようにグローバル企業へと変化しています。日本企業の海外進出や新規事業の開拓により、海外事業の展開が進み、国外の売上高が2016年には売上構成の30%、18年には50%と着実にグローバル企業へと成長しています。NTTデータグループ全体でも53か国に海外拠点を構えています。NTTデータは国内で得たノウハウを活かすことでタイ、ベトナム、ラオス、インドネシア、カンボジアに導入された飛行経路設計システム「PANADES」やベトナム、ミャンマーに導入された通関情報処理システム「NACCS」など日本で利用されたしくみを海外で活用することで事業の拡大を行ってきました。また、無印良品の中国向けのオンラインストアやみずほ銀行の「みずほグローバルe-バンキング」など日本企業の海外進出と共に成長しました。加えてはバチカン図書館のデジタルアーカイブ化など更なる事業展開を行うことで2025年にGlobal Top5に入るという目標に向けて成長し続けています。

経営/企業理念 ”Trusted Global Innovator”

成長を支える3つの価値観

成長を続けるNTTデータは2018年からグループビジョンを「Trusted Global Innovator」としています。また、創業時から「NTTデータグループは、情報技術で、新しいしくみや価値を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する。」という企業理念を掲げています。これらはNTTデータの目指す、ITでより便利で豊かな社会を実現するには信頼される会社になる必要があるという現れです。NTTデータは、自社のみの利益を追求するのではなく、どこまでもお客様に寄り添い、お客さまのアイデアと先端のテクノロジーを結びつけ、課題を解決していくことで信頼を獲得してきました。これを可能としてきたのは社員一人ひとりが持つ3つの価値観です。

Clients First

一つ目の「Clients First」は、お客様を第一に考え、お客様の満足を追求し、お客様の成功のために最後まで責任を持ってやり抜くというものです。

Foresight

二つ目の「Foresight」は、現状に満足することなく、お客様のビジネスとITの将来性を考え、先見性をたえず磨くことで、お客様と一緒に夢を実現し、その先にある新しい社会を生み出すことを目指すというものです。

Team work

三つ目の「Team work」は、多様な個性や考え方を持ったメンバーとチームを組み、ひとつの目的に向かって知恵を出し合い、協力し合いながら取り組むことで個人では成し得ない大きな成果を生み出すというものです。

この三つの価値観を社員一人ひとりが認識することでこれまでの成長を可能としてきました。ITの発展により変わり続ける社会の中、変わらぬ信念のもとNTTデータは売上高2兆円を超えるグローバル企業へと成長してきました。

まとめ

世の中を支えるSIer、そしてその中でも最大手であるNTTデータはグローバル企業への変革期を迎えています。世の中を便利に変えていきたい、様々な業界に携わりたい、大規模なシステム開発を行いたい、グローバルに働きたいという方は是非、エントリーしてみてはいかがでしょうか。

「vision」内 株式会社エヌ・ティ・ティ・データのページ

関連記事

  1. 個人がミッションやビジョンを持つ意味と作り方

  2. 【VISION DRIVEN】理想の働き方を実現している人は…

  3. 企業研究でビジョンや経営理念を調べる必要がある理由

  4. 【企業研究】ミッション、ビジョン、経営理念の違いは?

  5. どうして当社に応募したのですか?~採用担当者が知りたいのホン…

  6. ビジョンやミッションと一緒に考えたい言葉「ムーンショット」と…