【経営理念-企業ピックアップ】石井食品株式会社

石井食品株式会社

石井食品株式会社は1945年に設立されました。翌年1946年には、佃煮の製造を開始し、それ以来様々な食品を製造・発売を行っている企業です。

三大原則【厳選素材・無添加調理・品質保証番号】

厳選素材

地域の特色を活かした素材を求めて、どこへでも。

太陽の光、良質な水、栄養をたっぷり含んだ土。地域ごとに違う地球の恵みを受けて育った野菜たち。同社社員が直接それぞれの産地に出向き、農家の方と話し合い、おいしい素材を探します。
素材は新鮮なうちに、その食材に適した方法で加工することで、素材本来の味を活かすことができます。

無添加調理

素材が持つおいしさを引き出す。それが“無添加調理”

(同社での製造過程においては、食品添加物を使用しておりません)
素材の持つ本来の味や、風味を最大限に活かすために同社では、食品添加物を使用しない無添加調理に取り組んでいます。
そこで重要なのが素材選びと調理法です。たとえば鰹節を同社の自社工場内で削り、だしをとることから始めます。
素材そのものが持つ”おいしさ”を活かす調理に取り組んでいます。

品質保証番号

製品の一つひとつに付いている“品質保証番号”のこの番号と賞味期限から、原材料の情報が分かります。

原材料の産地や収穫された日、検査方法などの情報を当社では徹底管理し、原材料情報を積極的に公開しています。
また、同社の会社内でもこの番号を使うことで何か問題が発生した場合、製造プロセスや原材料がわかるような仕組みになっています。

調理済食品の製造及び販売を主とした事業

食品事業(製造部門)

同社は、八千代工場、京丹波工場、唐津工場の3工場体制にて生産を行っています。

食品事業(販売部門)

同社の顧客サービス部が小売業者、消費者への販売を行っているほか、子会社の株式会社ダイレクトイシイでは、健康に配慮した食品、正月料理、非常食等の通信販売を行っています。

「安心安全・持続可能で美味しい食」の提供

2019-2021年度は、これまでと同様に、「安心安全・持続可能で美味しい食」の提供を基盤に、顧客の方と生産者をつなげる活動を通して「日本一、生産者と地域に貢献する会社」を目指しています。

目標

日本一、生産者と地域に貢献する食品会社になる

三大原則

1.品質保証番号 情報を管理し、安心の提供
2.厳選素材 安全と美味しさの源
3.無添加調理 素材の本来の味を生かすため

企業理念/地球にやさしく、おいしさと安全の一体化を図り、お客様満足に全力を傾ける。

「当社グループは『地球にやさしく、おいしさと安全の一体化を図り、お客様満足に全力を傾ける』ことを企業理念とし、『日本一、生産者と地域に貢献する食品会社になる』を目標に掲げております。
また、①素材本来の味を活かす本物の美味しさを提供する『無添加調理』の技術、②自社の社員の目で確認した安全と美味しさの源である『厳選素材』、③原材料の履歴情報を開示する『品質保証番号』、の3つの原則を基本に活動してまいります。」

まとめ

石井食品株式会社では、厳選素材、無添加調理、品質保証番号を石井食品の三大原則として掲げています。素材の選び方や調理法、製品後の品質保証までの工程を一貫してこだわり続けています。ここまでの事業の発展を可能にしたのは、企業の独自性の結果であり、創業70年以上続けられた秘訣だと感じました。
引用:石井食品株式会社 https://www.ishiifood.co.jp/

「vision」内 石井食品株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】永大産業株式会社

  2. 【自己研鑽】自分のビジョンを達成する!個人の目標達成のための…

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】イオンモール株式会社

  4. 個人がビジョンをもつ意義と今日から始められる具体的行動を再考…

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ジャパネットホールディ…

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ツムラ