【経営理念-企業ピックアップ】ユニ・チャーム株式会社

ユニ・チャーム株式会社

1961年高原慶一朗氏が大成化工株式会社を設立し創業しました。当時は、木毛セメント板を製造販売していましたが、1963年、生理用ナプキン市場に参入、1974年には、生理用タンポン分野にも進出し、1974年に社名を変え、現在のユニ・チャーム株式会社になりました。ナプキンに留まらず、生理用品分野で培った不織布・吸収体の加工・成形技術を基に様々な日用品に形を変えて事業展開しています。

「女性が生活の中で感じる不安や不満を少しでも解消したい」

この思いが、同社の最初の一歩でした。
生理用ナプキンの製造・販売を皮切りに、生理用品メーカーとしてスタート。
数々の独創的な技術や商品を開発し、パイオニアとして業界をリードし続けてきました。
さらに、生理用品分野で培った不織布・吸収体の加工・成形技術を活かし、ベビーケア用品、ヘルスケア用品、ハウスホールド用品など事業分野を拡大。育児や介護、家事といった人々の生活をサポートする企業として、活躍の場を広げてきました。

一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業

この世に生を受けたその日から、健やかな人生を送ってほしい。
その願いを実現するために、同社は、不織布・吸収体の加工・成形分野で培ってきた技術を活かして、さまざまな世代に向けた商品やサービスをお届けしています。
現在、ベビーケア、フェミニンケア、ヘルスケア、クリーン&フレッシュ、ペットケアの5つの事業が、より高品質な商品開発と積極的なマーケティング活動を通じて、さらなる顧客満足の向上を目指しています。

世界中で「最も信頼されるブランド」へ

同社は、コーポレート・スローガン「NOLA&DOLA」のもと、「世界中の全ての人々に快適な生活を提供する」という願いで事業を展開してきました。
1961年の創業から今日までの活動は、「NOLA」で表現している「不快」「不便」「不衛生」といった「“不”の解消」については一定の貢献を果たしつつあるものの、「DOLA」で表現している、商品・サービスの提供を通じて生活者に生きる喜びや楽しさを感じることについては、まだまだ緒に就いたばかりです。
情報技術の進歩とともに生活者の購買行動が多様化する中、ニーズに的確に対応するためには、デジタル技術の活用が欠かせません。
勘や経験に頼るのではなく、購買データを分析し、購買行動を可視化して個々の生活者のニーズに合ったマーケティングを実践していくことで、「最も信頼されるブランド」になることを目指しています。
これからも引き続き、全ての人々が自立と相互扶助によって輝きつづけられる「共生社会」の実現に寄与するため、快適と感動と喜びを与えるような世界初・世界No.1の商品とサービスを提供しつづけます。

企業理念/NOLA&DOLA(Necessity of Life with Activities & Dreams of Life with Activities)

「ユニ・チャームの企業理念は『NOLA&DOLA (Necessity of Life with Activities & Dreams of Life with Activities)』です。
この企業理念『NOLA&DOLA』には、『赤ちゃんからお年寄りまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品を提供し、一人ひとりの夢を叶えたい』という想いを込めています。」

社是

1. 我が社は、市場と顧客に対し、常に第一級の商品とサービスを創造し、日本及び海外市場に広く提供することによって、人類の豊かな生活の実現に寄与する。
1. 我が社は、企業の成長発展、社員の幸福、及び社会的責任の達成を一元化する正しい企業経営の推進に努める。
1. 我が社は、自主独立の精神を重んずると共に、五大精神の高揚に努め、誠実と和協を旨として、全社員協働の実をあげる。

まとめ

ユニ・チャーム株式会社は、当初は女性に寄り添った商品を製造・販売をしていました。現在では赤ちゃんからお年寄りまで、年齢を問わず寄り添う姿勢に変化しています。また、1980年代から先を見越してグローバル化を進めております。今後はグローバル化をより一層深め、世界で一番の商品とサービスを展開する方向を打ち出しています。
引用: ユニ・チャーム株式会社 http://www.unicharm.co.jp/index.html

「vision」内 ユニ・チャーム株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】川崎重工業株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】三菱重工業株式会社

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】日本フエルト株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】住友電気工業株式会社

  5. 企業のビジョンに社員・個人がコミットする方法【経営理念の浸透…

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】日本通運株式会社