【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ホテル、ニューグランド

株式会社ホテル、ニューグランド

株式会社ホテル、ニューグランドは、1926年に設立されました。その翌年の1927年に開業したクラシックホテルです。多くの著名人に利用され、愛されている「ヨコハマのシンボル」です。主に、ホテル事業を展開しています。

90年以上の歴史

同社の本館は、1927年開業時に銀座和光などを設計した渡辺仁氏によるもので、クラシックホテルの代表例です。
マッカーサー元帥やチャーリー・チャップリン、ベーブ・ルースをはじめ、多くの著名人が利用していました。
1992年には、横浜市認定歴史的建造物となり、2007年には、経済産業省が選んだ近代化産業遺産の認定を受け、ヨーロピアンテイストをコンセプトに、横浜・山下公園前のランドマークとして親しまれ続けています。
開業当初から、「最新式設備とフレンチ・スタイルの料理」をキャッチフレーズとして、レストランには特に力を注いでいます。
ドリア・ナポリタン・プリンアラモードなど、広く知られる発祥メニューをはじめ、日本の食文化に多大な影響を与えました。
同社で誕生し、横浜から日本中へと広まった洋食メニューの数々は、今でも本館1階コーヒーハウスで食べることができます。

「ヨコハマのシンボル」誕生

船が日本と外国との往来手段として主流だったころ、山下町界隈には多くのホテルが軒を連ねていましたが、1923年、関東を襲った大震災により、華やかだった横浜は瓦礫の街となってしまいました。
その後、被災地には、外国人客のための仮設宿泊所が建てられましたが、“テントホテル”と揶揄されてしまうような状況でした。
そのため、横浜市をはじめ当時の政・財界をあげて新ホテル建設の声が挙がりました。
市民の復興への期待を受けつつ、1927年、震災の瓦礫で埋めたてた山下公園を正面に、「ホテルニューグランド」は誕生しました。

基本戦略

日本におけるクラシックホテル文化の歴史と伝統の継承

・50年後、100年後を見据えた施設造りを引き続き推進。
・ホテルニューグランドファンの新規開拓強化。
・ニューグランド伝統の味のスペシャルメニュー化や外販商品強化。

開港都市横浜の迎賓館として、地域の発展に貢献

・山下公園通り会、ハマフェス(旧 横浜セントラルタウンフェスティバル)の運営など、地域活性化施策への積極的参加。

クラシックホテル各社(9ホテル)と連携して、日本のクラシックホテル文化を内外に広める

・クラシックホテル各社で「日本クラシックホテルの会」を結成し、勉強会、社員の相互交流、共同宣伝などを企画。

理念/ホテルニューグランドは、創業の精神を継ぐ横浜の迎賓館である

《理念》

ホテルニューグランドは、創業の精神を継ぐ横浜の迎賓館であり、
国際的ベストホテルを目指す企業として、その歴史と伝統、格式を大切に、
培ったおもてなしの心と、最高のサービスと商品の提供により、国際社会の発展と文化の向上、
お客様の満足と幸福に貢献する。

まとめ

株式会社ホテル、ニューグランドは、現在では広く知られている洋食メニューを提供し、日本の食文化に多大な影響を与えました。また、横浜・山下公園前のランドマークとして親しまれ続けています。新型コロナウイルスへの万全な対策を続け、「新しい生活様式」にも対応し、発展を続けていくと思われます。
引用:株式会社ホテル、ニューグランド https://www.hotel-newgrand.co.jp/

「vision」内 株式会社ホテル、ニューグランド

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】東京瓦斯株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】三菱鉛筆株式会社

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社サンウッド

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社中村屋

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社イトーキ

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社島津製作所