【経営理念-企業ピックアップ】日本農薬株式会社

日本農薬株式会社

日本農薬株式会社は、日本初の農薬専業メーカーとして1928年に創立されました。農薬をコア技術として、医薬品・動物用医薬品・生活環境改善関連製品の製造販売に取り組み、企業規模と事業領域を拡大させています。

農薬で「食と緑を守る」

日本農薬は、「食と緑を守る」農薬専業メーカーです。農薬に関する事業(農薬の研究開発・製造・普及・販売など)を中核事業に位置づけ、作物保護や生活環境改善など、豊かな食と緑を守るべく、時代や環境のニーズに合った農薬を開発し続けています。
日本初の農薬専業メーカーとしての優れた研究開発力と信頼を基盤に、海外にも積極的に事業を展開しています。

農薬技術を他分野へ応用

農薬の製造・販売を中核事業としつつ、日本農薬は農薬の技術を応用して医薬・動物薬の開発も行っています。
医薬・動物薬事業は、同社初となる自社開発剤「フジワン」(殺菌剤)の安全性研究から派生・スタートし、現在は水虫薬や動物用のノミ・ダニ防除剤などを展開しています。

Nichino Group -Growing Global

新規農薬、医・動物薬など、顧客ニーズに適う先進技術を提供し農業生産や健康的な生活を支える

Web低環境負荷製品、省力化技術など、SDGsに資する製品、サービスを拡大し持続可能な社会に貢献する

これは、日本農薬のグループビジョンです。このグループビジョン達成に向け、同社はコーポレートステートメント「Global Innovator for Crop & Life 食とくらしのグローバルイノベーター」を掲げ、以下の3つの柱のもと事業基盤の強化を図り、売上高1,000億円達成を目指しています。

・収益性の向上

・技術革新・次世代事業の確立

・持続的な企業価値の向上

日本農薬グループ基本理念/安全で安定的な食の確保と、豊かな生活を守ること

日本農薬グループは、全ての役員・社員が共有し、あらゆる活動の拠り所となる経営基本原則として、「日本農薬グループ基本理念」を定めています。

・安全で安定的な食の確保と、豊かな生活を守ることを使命として、社会に貢献します。

・技術革新による新たな価値の創造にチャレンジし、市場のニーズに応えます。

・公正で活力ある事業活動により全てのステークホルダーの信頼に応えます。

まとめ

日本農薬株式会社は、日本初の農薬専業メーカーです。農薬をコア技術に食と緑を守る事業を展開するほか、コア技術を応用して医薬・動物薬なども展開しています。同社は現在、3つの柱のもと事業基盤のさらなる強化を図り、売上高1,000億円達成を目指しています。日本農薬はこれからも食と緑を守り、国内外の農業を支え続けます。

引用:日本農薬株式会社 https://www.nichino.co.jp/

「vision」内 日本農薬株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】神鋼鋼線工業株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】木徳神糧株式会社

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ケアネット

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】三菱製紙株式会社

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】東海カーボン株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】三井製糖株式会社