【経営理念-企業ピックアップ】フィード・ワン株式会社

フィード・ワン株式会社

フィード・ワン株式会社は、長い歴史のある協同飼料株式会社と日本配合飼料株式会社が統合し、2014年に誕生しました。「おいしさのみなもと」に込めた思いのもと、安心とおいしさとフィード・ワンならではのアイデアをもって、世界に食の感動を与えるリーディングカンパニーを目指しています。

世界の畜産業を支える畜産飼料業

同社は、長年にわたり培ってきた開発力と最新技術を生かし、生産性向上に寄与する安心安全な飼料の提供を行っています。
顧客の方の求める畜産経営実現のため、同社の持つ総合力を駆使し、多角的にサポートを行っています。
畜産業で飼育される牛・豚・鶏などの餌として、さまざまな原材料を配合・加工してつくられるのが配合飼料です。
家畜の種類や発育ステージに応じて、最適な栄養バランスや形状で配合飼料は製造・給与されています。
同社は、すべての家畜用配合飼料において業界トップクラスのシェアを誇っています。
養鶏飼料・養豚飼料・養牛飼料の製造の他にも、顧客の方の畜産経営に対して、飼養衛生管理や疾病管理、技術情報、資材の紹介など、総合的なサポート・提案が可能な畜産技術サービスも行っています。

高まる水産飼料への期待と役割

マス・コイ・アユ・ウナギ・タイ・ハマチ・カンパチ・クルマエビなどの魚は、日本の食文化に欠かせません。それらの多くの魚は、養殖されています。
現在、生餌となる魚は、漁獲量の減少、養殖漁場の環境保全などの理由から、養殖魚の餌は配合飼料が主流と移ってきています。
また、安定供給、養殖魚の健康・栄養管理、品質向上ニーズから、配合飼料への期待はますます膨らんでいます。
同社では、国内外の幅広い魚種のニーズに応える水産飼料の開発・提供で養殖業に貢献しています。

畜産飼料・水産飼料だけでなく、食品(食肉、鶏卵、水産物)や海外事業、その他事業など、食に関する事業を多岐にわたり展開されています。

二社を統合し、それぞれの強みを活かしたフィード・ワンブランド

同社グループは、長い歴史のある協同飼料株式会社と日本配合飼料株式会社が統合し、2014年に誕生しました。
両社が創業以来積み重ねてきた「強み」を融合することで、着実に企業価値を向上させてきました。
以来、両社の強みを活かしたフィード・ワンブランドとして、製品やサービスを世に送り出し、畜水産業の発展に取り組んでいます。
これからも、食の安心と感動を与えることを通じて、業界と社会・地球の未来の持続的な発展に貢献するために、挑戦し続けていきます。

第3次中期経営計画 Make the leap ! 2023

第3次中期経営計画は、基本方針に「経営統合の総仕上げ」を掲げ、第2次中期経営計画にて強化した事業基盤をフル活用した収益拡大の実現と、品質・生産効率向上を目的とした設備投資を継続的に実行することで、持続的な成長を可能にするための更なる基盤強化に取り組み、「真のリーディングカンパニー」を目指していきます。

事業戦略

1開発力の強化とサービスの拡充

長年にわたり蓄積してきた畜・水産飼料の研究開発データを最大限に活用することにより、新製品の開発力の強化と開発のスピードをあげ、顧客の方のニーズを捉えた製品をいち早く供給。さらなるサービスの拡充を図っていきます。

2生産体制の効率化とニーズに合った設備投資

販売規模の拡大を通じて設備を最大限に活用することにより、生産体制の合理化・効率化を実現し、生産コストのさらなる低減を目指していきます。
市場ニーズに沿った生産設備体制を構築し、供給する製品の品質・コスト・サービスの向上を目指していきます。

3スケールメリットを生かした市場競争力の強化

原料調達のスケールメリットを生かし、調達先とのパートナーシップを強化。質の高い競争力のある原料の安定確保を目指していきます。

4加工流通システムの強化

配合飼料メーカーという特長を生かした畜・水産物加工流通システムを強化することで、「川上から川下」に事業領域を拡充し、安心安全な食品を持続的に提供することで、消費者に信頼される食品企業を目指していきます。

5グローバル事業の推進

国内で蓄積した知見を海外事業活動へ効果的に転化し、利益を創出するグローバル事業体制を構築していきます。
すでに進出しているインドネシア、ベトナム、インドに続き、今後さらなる市場規模の拡大が見込めるアジア地域を中心とした事業展開を推し進めていきます。

経営(企業)理念/ Feedをはじめの一歩として、畜・水産業界の持続的発展に貢献

Mission

Feedをはじめの一歩として、畜・水産業界の持続的発展に貢献し、食の未来を創造します。

Vision

食の安心と感動を与え続ける企業を目指します。

Values

常に顧客・消費者の目線でニーズ・課題を捉え、問題解決に取り組みます。
安心安全な食の提供に向けて、コンプライアンス経営を徹底します。
高い専門性を持ち、時代の変化を捉えて常にチャレンジする人材を育成します。
「思いやりを持つこと」「Fairであること」「謙虚であること」を常として、社会の信頼に真摯に応えます。

まとめ

フィード・ワン株式会社は、家畜や養殖魚の食事となる飼料を製造・販売する会社で、畜水産物の販売も行っています。食の安心と感動を与えることを通じて、業界と社会・地球の未来の持続的な発展に貢献するために、挑戦し続けていくと思われます。

引用:フィード・ワン株式会社 https://www.feed-one.co.jp/

「vision」内 フィード・ワン株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】キッセイ薬品工業株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】花王株式会社

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】幼児活動研究会株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】ダイキン工業株式会社

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社シンクロ・フード

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】サンメッセ株式会社