【経営理念-企業ピックアップ】株式会社 関電工

株式会社 関電工

株式会社関電工は、1944年に設立されました。建築設備・情報通信設備・電力設備の分野において、独自の技術とノウハウ・工法を駆使し、電気工事・情報通信工事などの企画から設計・施工・メンテナンス及びその後のリニューアルまで、一貫したエンジニアリング事業を展開しています。

設備の機能維持と向上

同社は、オフィスビル・ホテル・デパート・劇場・病院・工場等あらゆる建築物の電気設備工事(AVS・LAN・内装を含む)において、常に信頼性の高い設備を提供しています。
新築・増築はもとより、既存設備の機能向上や情報化への対応を目的としたリニューアル工事においても、設備診断から企画・提案・施工・保守にわたるあらゆるニーズに応えています。
また、建物の年齢に合わせた設備の機能維持・向上をお客さまとともに考えています。
リノベーションの計画・設計、新工法、新技術を駆使した効率的な施工、アフターサービスまで、心のいきとどいたサービスを提供しています。
最新の技術と優れたシステムを注力して、圧倒的に価値の高いビルに作り変えています。

総合設備企業

同社は、建築設備を始め情報通信設備、電力設備の分野において、独自の技術とノウハウ、工法を駆使し、電気工事・情報通信工事などの企画から設計・施工・メンテナンス及びその後のリニューアルまで、一貫したエンジニアリング事業を展開しています。
近年では、これまで培ってきた技術・ノウハウを活用し、太陽光や風力などの再生可能エネルギー発電事業の展開や、鉄道・水道など社会インフラ分野への事業領域の拡大に図っていくとともに、ロボットやIoTを活用した技術開発にも取り組んでいます。

「かわる。そこから未来をつくる」

同社の新中期経営計画は、「かわる。そこから未来をつくる」をスローガンに掲げました。
社員の意識変革は、同社が未来に向けて「かわる」ための重要な取り組みと位置付けています。
急速に社会が変化する中、同社の強みは、自社の技術・ノウハウを駆使し、多種多様な製品や協力会社の施工力をお客様ニーズにあわせ最適な形で組み合わせることで、「組み立て屋」として価値を提供することにあります。
そのためには、日進月歩の先進技術やメーカー製品に対する幅広い知識が求められるとともに、常にお客様に寄り添い、課題をサポート・解決する体制が必要です。
同社は、「時代の変遷とともに、お客様のニーズも変化し続けていきますので、その流れを的確に捉えるべく、積極果敢に行動していきたい」と考えています。
創立以来、一貫して電力インフラの維持・構築という公共性の高い事業に携わっており、社会の皆様との信頼関係を長年にわたって着実に築き上げてきました。
同社は、今後もその信頼を裏切ることなく電力の安定供給を守り続け、社会の期待に応えていきます。

経営理念/人間尊重のもと、企業の社会的責任を遂行し、豊かな人間環境づくりに貢献

社是

人間第一

経営理念

「1.わが社は、人間尊重のもと、企業の社会的責任を遂行し、豊かな人間環境づくりに貢献します」
「2.わが社は、得意先のニーズを先取りし、技術革新を図り、最高のサービスと設備を提供します」
「3.わが社は、人材開発に努め、絶えざる自己革新によって、未来指向型の企業を目指します」

まとめ

株式会社関電工は、設備の提供を維持・継続し、社会的責任を果たすべく、事業の安定性と成長性を確保しています。また、将来の日本の社会インフラをしっかり支えることができる人材を育て、体制を強化しています。
引用:株式会社 関電工 https://www.kandenko.co.jp/

「vision」内 株式会社 関電工

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】リンナイ株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社フィット

  3. 目的を最速で叶えるOODAループ思考とVSAMとは?

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】石井食品株式会社

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】一正蒲鉾株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】金下建設株式会社