【経営理念-企業ピックアップ】株式会社コモ

株式会社コモ

株式会社コモは、1984年に設立されました。現在、パネトーネ種を使用したロングライフパンの製造及び販売を行っています。

おいしさと信頼の笑顔を広げる良質なパンを届ける

医療用食品として「生活日記パン」の開発。

他社との共同開発製品「生活日記パン」は、たんぱく調整食が必要な方への医療用食品として開発され、従来のパンより、タンパク質、ナトリウム、リンをそれぞれ50%カット、カリウムを30%カットした病院食として利用されています。

おいしさを早く、たくさん届けるための多彩な販売ルートを確保しています。

本場イタリアの、伝統的な製法を受け継いだ「パネトーネ」をはじめ、「クロワッサン」「デニッシュ」「ワッフル」など、同社独自のおいしさが際立つバラエティー豊かな製品は、地域に応じた配送体制によって、焼きたてのおいしさをそのままに、スピーディーに届けられています。
スーパー、コンビニエンスストア、駅売店、高速道路のサービスエリアなどはもちろん、自動販売機や通信販売まで、おいしさと信頼の笑顔を広げるよう、日々取り組んでいます。

「買い置き」と「備蓄」を両立するサイクル保存

買い置きした食品の賞味期限を定期的にチェックし、期限が切れる前に普段の食事で消費した後、新しいものを補うことで備蓄のサイクルを確立する、サイクル保存が広まりつつあります。賞味期間の長い「ロングライフパン」を主要な備蓄品として活用することで、非常時に役立てることができます。
東日本大震災以降、注目されているのが「災害時の食の備え」です。サイクル保存に適した製品ということで、長持ちする同社のパンへの需要が高まっています。
ライフラインが止まるような非常事態でも、日頃の食生活で利用している食品なら、ストレスも和らぎ、食欲も出ます。
サイクル保存の代表アイテムとして、これからもずっと、良質なパンを届けていきます。

パネトーネ種へのこだわり

365日、パネトーネ種への愛情

日々絶え間ない種継…パネトーネ種へのこだわりがおいしさを守るための秘訣です。

同社の創業者の一人が「もっとおいしくて素晴らしいパンを」と探し求め、北イタリアに見つけたのが、世界的に有名な発酵種であるパネトーネ種でした。
パネトーネ種でつくったパンは、一般的なパンに比べ、風味が非常に良くなったそうです。
これを日本にも広めようと、パネトーネ種を大切に持ち帰り、イタリア人技術者による指導を受け、“日本で初めて”このパネトーネ種の維持管理と伝統的な製法によるパンづくりに成功しました。
パネトーネ種は、空気や気候など、諸条件が揃った北イタリアの環境で育まれた「酵母」と「乳酸菌」が共生するデリケートなものです。
北イタリアからパネトーネ種を空輸し、北イタリアの環境に合わせた温度や湿度で管理されたマザー室に保管し、専門スタッフの手で、毎日ていねいに種継ぎが行われています。

風味豊かな味わいは、「水分」がカギを握ります。

一般的なパンの水分含有量が、35〜38%であるのに対し、パネトーネ種でつくったパンは20%(同社、クロワッサンの場合)と非常に低く、単位重量当たりの栄養価が高いと言えます。
また、パネトーネ種のパンは、微生物が利用できる水分比率を示す水分活性が低いため、微生物が発生しにくく、長期間にわたり、おいしさが長持ちします。

最大のメリットは、長期保存を可能にしたこと。

パネトーネ種に含まれる乳酸菌は、糖を発酵して乳酸やアルコール、酢酸、炭酸ガスを生成します。
生地のpHを低下させ酸性を強めることで、微生物等の生育を防止するため、一般的なパンの賞味期間が2〜3日であるのに対し、同社のパンでは、種類によって35〜90日という長期保存が可能となっています。

ロングライフパンのトップメーカーとしてのブランド力を高め、持続的な成長と企業価値の向上を図る

2022年3月期の経営方針

①独自の商品力で需要開拓し、戦略的な営業推進と収益力アップ

②業務プロセスの効率化と徹底的なコスト削減

③全員参加で現場力を向上

同社では、上記の3つの目標を掲げ、経営基盤強化に向けた活動を展開していきます。
その取り組みでは、同社製品の根幹であるパネトーネ種の特長を活かし、長寿社会や健康志向等に対応した付加価値の高い製品により、新たな需要を掘り起こし、積極的に販路を開拓していくとともに、取引採算の改善、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みによる業務の合理化等により、収益性の向上を図っていきます。
また、生産ラインの安定稼動、厳正な品質管理、HACCP制度化対応、事故防止対策の徹底等を基本として業務プロセスの見直しを行うとともに、生産性向上活動を推し進めていきます。
さらに、食の安全・安心に対する責任感、使命感を持った人材の育成のために、従業員教育の充実を図ることで、現場力の向上に力を注いでいきます。
以上の取り組みを組織全体で強力に推し進め、ロングライフパンのトップメーカーとしてのブランド力を高め、持続的な成長と企業価値の向上に取り組んでいきます。

パンづくりの基本的精神/「コモがつくって、コモが売る」

「社員一人ひとりがコモの一員として常にチャレンジ精神を忘れず、自分の個性を発揮しながら、“品質”を守るための手間隙を一切惜しまないことです。」

経営理念

「パネトーネ種の素材を生かし、おいしさを通じて人々により多くのコミュニケーションを提供したいという基本理念をもとに、私たちは、常に価値ある製品・サービスを創造し続け、お客様とともに喜びをわかちあい、信頼される企業を創ります。」

社名の由来

「『コモ』の社名は、パネトーネ種の故郷“コモ湖”に由来しています。また、COMOのCOは『COMMUNICATION(コミュニケーション)』、MOは『MORE(もっと)』という強い想いが込められており、より多くの人々に、おいしさを通して、コミュニケーションを提供することがコモのポリシーです。素材・味・品質・技術そのこだわりの全てが人と人とのコミュニケーションのためなのです。」

まとめ

株式会社コモは、パネトーネ種で、長期保存可能なおいしい「ロングライフパン」を製造し、人々の生活を豊かにしてきました。今後も、素材・味・品質・技術にこだわり、「コモがつくって、コモが売る」を大切にしながら、成長を続けていくと思われます。
引用:株式会社コモ https://www.como.co.jp/

「vision」内 株式会社コモ

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ソリトンシステムズ

  2. 【企業研究】マーケティング職ってどんな仕事?どうしたらなれる…

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】コニカミノルタ株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ウェッズ

  5. 企業研究でビジョンや経営理念を調べる必要がある理由

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社IMAGICA GR…