【GOAL DRIVEN】ビジョンやムーンショットを実現するヒント ー逆算思考ー

ビジョンやムーンショットはロングスパンに渡る目標であり、実現までに予算や技術などの資本、モチベーションの維持など多くの課題を乗り越えることになります。
今回は、ビジョンやムーンショット、日々の仕事や課題を達成する方法を「逆算思考」という観点から考えます。

関連記事

逆算思考という考え方

中尾隆一郎『最速で課題を解決する 逆算思考』によれば、はじめてのテーマにあたる際、どのように取り組めば良いのかという仕事の「勘所」を掴む考え方があるといいます。
その考え方は以下の3つに挙げられます。

◆ゴールから逆算する(GOAL DRIVEN)

まずミッション、ビジョン、ゴール、目標、ムーンショットなどから逆算し、どうやってたどり着くかを考えます。

◆重要な仕事に絞る(「月に向かって打つようなレベル」か?

やるべきことに集中するために、やらないことを決めます。
「それはムーンショットレベルで重要な仕事か?」と問うてみましょう。

◆広げて、閉じる

「広げて、閉じる」、つまり選択肢をたくさん見つけ、その中からベストな解決方法を選びます。できるだけ自由にカテゴライズしないように広げ閉じることがポイントです。
今できることをやり、最終的にたどり着いたところをゴールとする「積み上げ思考」とは反対の考え方です。「先が不明確だからとりあえず今やれることから取り掛かる」、「考える前にまずやってみる」ことが必要な場面ももちろんありますが、逆算思考と比べれば行き当たりばったり感があります。

後ろから考えることで無駄を省く

逆算思考は生産性を向上させます。最終的な到達地点が分かれば、そこに到達するまでにやるべきことが明確になります。
積み上げ思考で間違った方向に進んでしまえば、それだけロスが生じます。

目標から逆算し後ろから考えると、最初は考えることからスタートします。初期段階では利益は発生しません。
ただ、その初期投資がのちのリターンとなるのが逆算思考なのです。また「そもそもやらなくていいこと」をふるいにかけられるので、長い目で見ると生産性が高いことに気付きます。

SDGs、ムーンショット、逆算思考

ムーンショットや逆算思考として押さえておきたいのが「SDGs」です。

SDGs(持続可能な開発目標)は、2030年までに達成すべき国際社会共通の目標です。2000年のサミットで採択された「MDGs」が2015年で期限を迎え、それに代わる目標として決定されました。
SDGsでは、開発6分野、経済6分野、地球環境3分野、平和2分野の計17分野169項目の目標が定められています。

たとえば以下のような目標があります。

(以下引用)
2030年までに、貧困層及び脆弱層をはじめ、すべての男性及び女性が、基礎的サービスへのアクセス、土地及びその他の形態の財産に対する所有権と管理権限、相続財産、天然資源、適切な新技術、マイクロファイナンスを含む金融サービスに加え、経済的資源についても平等な権利を持つことができるように確保する。
貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援するため、国、地域及び国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを構築する。
持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット - SDGs 持続可能な開発目標 | 日本ユニセフ協会

SDGsはムーンショットとしては少々弱いですが、大きな目標の実現に向かってコミットするという点では、SDGsとムーンショット、ビジョンは共通するといえます。

また、SDGsのような大きな目標を達成するには、逆算思考でなければ実現ができません。
世界の課題を解決していくためには、従来の積み上げ思考だけでは限界があります。

まとめ

ミッションやビジョン、ムーンショット、SDGsは、ライフプランのように未来を計画するものではなく、未来に確固とした結果を残すための強い志であるといえます。
生半可な決断や行き当たりばったりの生き方では達成できないものです。

逆算思考は実現の大きなヒントであり、また、仕事の生産性を高めるものであり、働くすべての人が知っておく価値のある思考法です。

参考:
WIRED – SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

中尾隆一郎『最速で課題を解決する 逆算思考』(秀和システム 2019年)

関連記事

  1. 面接で「あなたのビジョンを教えてください」と聞かれたときの答…

  2. 企業研究でビジョンや経営理念を調べる必要がある理由

  3. 企業のビジョンに社員・個人がコミットする方法【経営理念の浸透…

  4. ビジョンやミッションと一緒に考えたい言葉「ムーンショット」と…

  5. 【就活】やりたい仕事がわからない人の特徴と対策【転職】

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】NTTデータ