【経営理念-企業ピックアップ】株式会社クレハ

株式会社クレハ

株式会社クレハは1944年の創立以来、「ナケレバ、ツクレバ。」の精神で、様々な領域において先進的な開発を続けてきました。自社開発に強みを持つクレハは、独力で塩化ビニリデン樹脂の開発に成功し、この開発の成果としてロングセラー商品「NEWクレラップ」が生み出されています。

食品包材のパイオニア

クレハが開発した塩化ビニリデン樹脂「クレハロン」には酸素と水蒸気を通しにくく、熱に強いという特徴があり、食品包装材として抜群の性能を有しています。また、ロングセラー商品「NEWクレラップ」に加え、他の樹脂と組み合せて製膜する多層フィルムも開発しており、畜肉やハム、チーズなどの食品包装材料も手掛けています。
同社の食品包装材は、今では50を超える国々に供給されており、食品保存を世界規模で支えています。

3つのコア事業

機能製品事業

家電製品や自動車部品の材料として活用される合成樹脂素材や、携帯端末、リチウムイオン電池の部品などに使用されるプラスチック素材を製造しています。また、炭素製品も製造しており、自動車のブレーキや水・ガスの浄化用活性炭、工業用断熱材などに使用されています。

化学製品事業

医薬品分野・農薬分野・工業薬品分野で事業を展開しています。医薬品分野では、慢性腎不全用剤を開発するなど、人々の健康を支えているほか、農薬分野では、農業用殺菌剤・種子消毒剤を開発し、農業の生産性を高めています。工業薬品分野では、産業に欠かせない水酸化ナトリウム、塩酸、水素などを製造しています。

樹脂製品事業

ハムやソーセージなど、様々な食品の包装材料を製造しています。また、家庭用ラップやキッチン消耗品など、日常の暮らしをサポートする製品を展開するほか、レジャー分野へ向けて、釣糸も開発しています。レジャー分野においては、世界で初めてフロロカーボンを素材とする釣糸「シーガー」を開発・発売しており、釣糸のトップブランドとして釣り人から支持され続けています。

クレハビジョン

独自技術でスペシャリティを追求し、未来を拓く社会貢献企業

クレハは、「中長期的な企業価値の向上」と「持続可能な社会への貢献」の両立を目指し、クレハビジョンを策定しています。以下3つの目標・最重要施策の下、技術立社企業として「クレハらしさ」を発揮し、他社と差別化された製品・技術で、様々な社会課題の解決に貢献していきます。

◆目標

・継続的な経済価値の向上
・社会課題解決への貢献
・環境負荷低減への貢献

◆最重要施策

・技術立社の再興(研究/技術開発力の強化)
・経営基盤の強化
・会社と社員の共生

クレハグループ企業理念/持続可能な社会の発展に貢献する

クレハグループは、人と自然を大切にします。常に変革を行い成長し続けます。価値ある商品・技術を創出して、持続可能な社会の発展に貢献します。

クレハはこの企業理念の下、独創的な技術力と他社と差別化された製品で、社会課題の解決や人々の生活に貢献し続けます。

まとめ

「ナケレバ、ツクレバ。」の精神を持つ株式会社クレハは、様々な領域に向けて自社開発した製品を展開しています。ロングセラー商品「NEWクレラップ」をはじめ、同業他社にはない独創的な技術力で生み出される製品の数々は、人々の生活に広く浸透しています。独自技術によって他社と差別化された製品で、同社は今後も「クレハらしさ」を発揮していきます。

引用:株式会社クレハ https://www.kureha.co.jp/

「vision」内 株式会社クレハ

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】アキレス株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】工藤建設株式会社

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】新家工業株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社エノモト

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社アルペン

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】リズム株式会社(旧リズム時計工…