【経営理念-企業ピックアップ】大王製紙株式会社

大王製紙株式会社

大王製紙株式会社は、紙・板紙製品及び家庭紙製品の製造販売を主な事業内容とし、これに関連する原材料の調達、物流及びその他の事業活動を展開しています。

大王製紙のあゆみ

同社は1943年に愛媛県四国中央市で創業し、新聞用紙・板紙の生産販売を中心に事業を発展しました。
1978年に洋紙市場へ本格参入。1979年に製紙技術を活かし「エリエール」で衛生用紙市場へ参入し、さらに1980年代に「エリエール」で培ったマーケティングノウハウを活かしながら、紙おむつ、フェミニンケア用品、ウエットワイプ等の関連商品の市場へ参入し、独自な事業ポートフォリオを構築しました。
2011年から本格的にH&PCの海外進出を開始し、地産地消の基本戦略に基づきタイ・中国・インドネシアに生産拠点を設立し、ベビー用紙おむつを中心にH&PC製品の展開を積極的に行ってきました。今後は、さらに衛生用紙等の多品種販売による複合事業化や、成長ポテンシャルの高いエリアでの事業拡大を進めていきます。

紙・板紙製品及び家庭紙製品の製造販売

紙・板紙事業について

紙・板紙事業では、世界で最大級の純臨海工場であり、多様なパルプと紙・板紙を生産できる三島工場(愛媛県)の強みを活かし、需要動向の変化に柔軟に対応して生産・販売品種のシフトを行っています。
三島工場を中心としたグループ各社との一体運営により、生産性向上やエネルギー費削減などの技術・情報を共有し、付加価値の高い商品の提供や環境負荷軽減等に取り組んでいます。

ホーム&パーソナルケア事業について

ホーム&パーソナルケア事業では、国内においては、全てのカテゴリーで品揃えの充実と生活者ニーズや使用シーンの変化に対応した高付加価値商品を開発・販売することにより、業容の拡大に取り組んできました。
海外においては、ベビー用紙おむつの需要が急拡大するアジア諸国を中心に、日本からの輸出販売と中国・タイ・インドネシアでの現地生産・販売により事業拡大を進めています。
今後は、さらに海外事業の展開エリアを拡大することで点から面、面から立体への販売活動により事業拡大し、衛生用紙等との複合化事業を加速させ、日本から世界へ衛生的で健康な暮らしを支える商品を提供していきます。

研究・開発

セルロースナノファイバー(CNF)

セルロースナノファイバーは、紙やパルプにはない特異的な性質を活かして、多種多様な用途への展開が期待されています。
また、植物バイオマスから取り出した天然由来の繊維であり、低炭素社会の実現にも貢献できる素材です。

「やさしい未来」をグローバルで実現

製紙業界に目を向けると、国内の新聞用紙や印刷用紙などの洋紙需要は大きな構造転換期を迎えています。
メディア用途の洋紙需要は減少傾向にある一方で、Eコマース市場の成長から梱包・包装用途の板紙や包装用紙の需要はワールドワイドで拡大しています。
また、ベビー用紙おむつ等についても、少子高齢化によって国内での需要は減少するものと予想されますが、アジアを始め経済成長の著しい新興国市場の重要性は急激に高まっていきます。
このような需要構造の変化を見据え「やさしい未来」をグローバルで実現していくために、これまで中期事業計画を通じて、積極的に事業構造の転換とグローバル展開を進めてきました。
高収益企業への成長を目指すとともに、事業活動を通じて「やさしい未来」を実現していきます。
「自ら生産したものは、自らの手で売る」という基本理念に基づく事業活動が競争力の優位性につながっています。
今後もさらに競争力の優位性に磨きをかけて、抜本的な構造改革とグローバル展開に取り組んでいきます。

経営理念/世界中の人々へ やさしい未来をつむぐ

『全役職員が創業の精神「誠意と熱意」を継承するとともに、経営理念である「世界中の人々へ やさしい未来をつむぐ」の実現に向けた事業活動に取り組むことにより、環境保全・地域社会との共生を通じて持続的な企業価値の向上を目指します。』

ものづくりへのこだわり

現場・現物・現実に基づいた新たな商品と付加価値の創造・提供を通じて、国際社会から信頼される企業グループであり続けます。

地域社会とのきずな

各国・各地域の発展に寄与するために、「良き企業市民」として高い倫理観をもって地域社会との調和ある成長を目指します。

安全で働きがいのある企業風土

持続的な企業価値の向上を図るために、安全で働きがいのある企業風土づくりに取り組み、社員相互の信頼関係に基づいた一体運営を推進します。

地球環境への貢献

地球環境と調和したグローバルな事業展開を通じて環境問題に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現を目指します。

社是 誠意と熱意

『私たちは、「誠意と熱意を持つ者が事を成す」という創業の精神を、あらゆる判断・行動における不変の価値観とします。
世界中の人々の豊かな暮らしを実現するために、社員一人ひとりが「誠意と熱意」を胸に日々挑戦し続けます。』

まとめ

大王製紙株式会社は、1943年に創業し、現在では活躍のフィールドを世界へと加速しています。「世界中の人々へ やさしい未来をつむぐ」の経営理念のとおり、「自ら生産したものは、自らの手で売ること」を行っています。今後は、低酸素社会の実現に貢献ができる新素材の開発・研究に期待がかかっていると思われます。
引用: 大王製紙株式会社 https://www.daio-paper.co.jp/

「vision」内 大王製紙株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】東京瓦斯株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ウェッズ

  3. 企業研究でビジョンや経営理念を調べる必要がある理由

  4. 企業のビジョンに社員・個人がコミットする方法【経営理念の浸透…

  5. 【医療】ヘルステック企業のミッション・ビジョンまとめ【コロナ…

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】ユニ・チャーム株式会社