【経営理念-企業ピックアップ】株式会社王将フードサービス

株式会社王将フードサービス

株式会社王将フードサービスは、1967年の創業以来、日常食に特化して、日々の暮らしを豊かにすることを願ってきました。いつの時代も変わらない創業精神を持ち、一方で社会変化に応じた進化を続け、様々なニーズに合わせた施策を次々と行っています。

多様化するライフスタイルに寄り添う

ニーズに合わせた進化

多様化するお客様のライフスタイルに寄り添い、同社はいつも進化を続けています。
女性が一人でもくつろげる新コンセプト店「GYOZA OHSHO」のオープンや、「王将」をもっと身近にするスマートフォンアプリの充実、待ち時間を減らす持ち帰りのウェブ予約サービス、自宅でいつでも「餃子の王将」の味を楽しめる物販商品の展開など、いつの時代もお客様の期待とニーズに応え続けていきます。

フランチャイズ店でも全国展開を実現する!!

同社の店舗は、店で楽しめる外食はもちろん、持ち帰りメニューも充実しています。
年々高まっているニーズの「中食」の役割も担える、幅広い営業形態が魅力となっています。
このように、多様なライフスタイルの変化に対応できる経営と、まだまだ出店余地が大きい市場で、直営店だけでなく、フランチャイズによる積極的な全国展開を進めていきます。

王将のこだわり

王将の魂“餃子”

同社の、文字通りの看板商品であり、「王将」の魂とも言える“餃子”。そのこだわりは、他の追随を許していません。
主要食材(豚肉、キャベツ、ニラ、にんにく、生姜、小麦粉)はすべて国産です。
中でもにんにくは青森県産、小麦粉は北海道産と、産地にまでこだわっています。
にんにくは越冬作物で、青森の気候に適した適地適産作物です。
雪の下で、青森の厳しい寒さに耐えて甘さを蓄えた後、6月に収穫されます。
北海道産の小麦粉は、豊かな風味が最大の特徴です。
強力な粘りの北海道産の小麦粉を、高品質な皮に仕上げるためには、高度な水分管理が必要不可欠です。
これらの安心・安全で新鮮な国産食材は、全て国内の同社の工場で加工され、秘伝の調味料と製法で、餃子の餡や皮へと形を変えています。
製造から店舗へ届けられるまで、一切冷凍せず、工場から毎日店舗へ配送されているため、いつ食べても鮮度抜群です。
「王将」特製の、鉄板でパリっと焼き上げられた餃子を口に運べば、風味豊かなもちもちの皮と、ジューシーで味わい深い餡のハーモニーが広がります。
「王将」の餃子には、国産食材のうま味と秘伝の技がぎっしり詰まっています。

「人にしか創り出せない価値」と「デジタル技術が創り出す価値」

会社の経営戦略

同社は、同社が取り組むべき1つ目の経営課題を、「人の技の向上(匠の技を磨く)」としています。
これまで数々の成果を生んだ人材育成を更に強化し、人にしかできない技を磨き続け、匠の技へと昇華させていきます。
料理技術のさらなる向上により、今まで以上においしい料理を提供しつつ、創業時からのオープンキッチンでは、「気持ち」も「熱」も伝わり、人の「温かみ」が溢れ、来店されたお客様が、他では味わえない幸福を感じる食体験を提供することを目指していきます。
同社は、このような取り組みにより、同社の強みが発展し、他社が追随できない優位性を高めるとしています。
次に、「デジタル技術の活用」による革新的な業務効率向上を2つ目の経営課題としています。
同社は、店舗、工場、本社、それぞれの組織が、デジタル技術を用いた業務プロセスの見直しを行うことにより、無駄を無くし、効率性、生産性を高めていくとしています。
デジタル技術を活用するにあたり、人が行わなくてもよいものは、徹底的に機械、或いはデジタル技術を活用し、人が創造的な仕事に集中出来る環境を構築することを目指していきます。
同社は、これらの課題を踏まえた新たな中期経営計画を策定しています。
「営業戦略」「FC推進戦略」「店舗開発戦略」の3つのメインとなる戦略を、4つのサポート戦略が支え、戦略全体を「デジタル戦略」が包括し、全体的な最適化と効率化を図る形となっています。
これらの戦略を着実に実行することで、会社と従業員のエンゲージメントを向上させ、経営理念を実現し、他を圧倒する業績獲得を目指していきます。
最後に、同社は、このように「人にしか創り出せない価値」と「デジタル技術が創り出す価値」を融合させることにより、新たな価値を創造し、次なる発展を目指していきます。

経営理念/お客様から「褒められる店」を創ろう!

「その実現に向けた努力こそが私達を成長させ、私達に幸せをもたらし、社会への貢献につながる原点である。」

社会的使命

「快適な食空間、心温まる接客、そして美味しい料理は人々を『幸せ』にします。
私たちは、それらを高品質で提供しながら、低価格で実現する努力を行う事によって、
より多くの人に『幸せ』を感じてもらう事を使命とします。」

まとめ

株式会社王将フードサービスは、こだわりの餃子をはじめ、ニーズに応じた様々なサービスの提供により、人々の生活を豊かにしてきました。今後も、「人」と「デジタル」のそれぞれの良さを生かし、「美味しい料理を、リーズナブルな価格で」提供していくと思われます。
引用:株式会社王将フードサービス https://www.ohsho.co.jp/

「vision」内 株式会社王将フードサービス

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社バリューデザイン

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社銀座ルノアール

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社イトーキ

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社タツミ

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】日本フエルト株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ウェザーニューズ