海外スタートアップのミッション、ビジョンから学ぶ

海外スタートアップのミッション、ビジョンから学ぶ

■日本ではイノベーションが起こりにくい?

東洋大学グローバル・イノベーション学研究センターは、世界の主要60カ国を対象とし、イノベーションの進展度を評価したランキング「グローバル・イノベーション・ランキング2019」を公表しました。

日本は主要60ヶ国のうち32位と低い順位です。日本の各指標順位を見ると、「技術革新」の項目は3位であるものの、「人間力」の項目が57位と、非常に低い評価が特徴的です。「人間力」のうち特に「人的関係資本」は高齢化や企業意向の低さなどにより58位、外国人や女性などの「多様性」が56位です。
順位が低い項目が日本のイノベーションにおける弱点と把握できますが、ランキングにはない「考え方」の項目についてはどうでしょう。
山口周『ニュータイプの時代』によれば、イノベーションはそもそも課題を解決するための手段であり、イノベーションを起こすことが目的ではありません。イノベーターいう称号を得んがためにイノベーションを起こすといったことが、手段と目的をはき違えている例として挙げられます。
イノベーションは起こそうとして起こせるものではなく、まずは「解決したい課題」があり、それを新しい方法で解決したことによって、それが結果的にイノベーションに「なる」のです。
イノベーションはビジョンやミッションと、それを実現する技術的手段から生まれるといっていいでしょう。

■海外スタートアップのミッション、ビジョンから学ぶ

海外スタートアップ資金調達額ランキングをもとに、各企業のミッションやビジョンをチェックしてみましょう。ご自身のビジョン設定、企業比較などにお役立てください。
またどんな技術を掛け合わせることでイノベーションが起きようとしているのかも併せてチェックしてみると良いでしょう。

参考記事:海外スタートアップ資金調達額ランキング

◆Fundament Group(ドイツ)
ビジョン :「大分岐点 / 物語を変える」
ブロックチェーン、不動産トークンなどのドイツ企業です。上記海外スタートアップ資金調達額ランキング1位、資金調達金額74億円のスタートアップです。
◆Argo AI(アメリカ)
ビジョン :「自動運転技術をもっと安全で効果的で便利なものに。そして皆が使えるように。」
フォード傘下で、自動運転のサービスを展開する企業です。
◆OneWeb(アメリカ)
ミッション :「地球から素早く簡単につながれるように世界を変える」
ビジョン :「どこでも、誰でもインターネットにつながる」

低軌道衛星コンステレーション(人工衛星システム)開発企業。衛星の打ち上げ、学校のオンライン化、デジタルデバイド問題の解決などに取り組んでいます。
◆LANDBAY(イギリス)
ビジョン :「投資家や借主、ブローカーが投資用住宅ローン市場にもっと参入しやすくする」
LANDBAYは住宅ローン関連のイギリス企業です。
◆The We Company(アメリカ)
ミッション :「ただ生きるのではなく、生きがいを感じられる世界をつくる」
コワーキングスペースを展開するベンチャー企業。We Workの名前なら聞いたことがある方もいらっしゃるのでは?
◆Verify(アメリカ)
ミッション :「サプライヤーパフォーマンス管理ソリューションにおいて、グローバルリーダーになる」
サプライヤー関連の企業です。
◆Bitfinex(中国)
ミッション :「世界的な暗号通貨取引プラットフォームの牽引」
Bitfinexは、香港本社の暗号通貨取引所です。
◆Fiexport(アメリカ)
ミッション :「Flexportでは、物理的制約や境界、政治課題に甘んじず貿易を行なうべく、全ての人がシームレスにつながることを目指しています。
これが、技術分析・物流インフラ・サプライチェーンの実践的な専門知識を組み合わせた、戦略的な世界貿易の操作システムを世界で初めて構築している理由です。」

ロジスティックスのテクノロジー開発企業です。想いの本気度をサイトから感じ取れます。
◆Absaroka Energy(アメリカ)
ビジョン :「未来の世代へもっとクリーンなエネルギーを提供する」
再生可能エネルギーを開発するアメリカ企業。
◆Altavair(アメリカ)
ビジョン :「イノベーションを追求し、世界のつながり方を変えるべく挑戦し続けます。
圧倒的なインテグリティで、他業種のリーダーに、顧客の課題を戦略的に解決する独自の機会をつくることで、市場変化とチームにだと思っています。私たちは市場変化と、他業種のリーダーたちが組んで顧客の課題を戦略的に解決する唯一無二のチャンスを作り出すことを目指しています。
Altavairは、購入・レンタル・再利用・商業用ジェット機とエンジンの販売を行ない、世界をつなぐことで企業様が素晴らしいものを生み出すお手伝いをする、機材ファイナンス業界の世界的リーダーとなります。
」(意訳)

航空関係の開発を行う米国企業。

■まとめ

海外に目を向けてみると、偏りがちな業界や領域の好みが崩れ、また違った光景やトレンドの動きに気付くと思います。上記の企業は、やはりイノベーションそのものへの傾倒よりは、経営への想いの熱さ、コンセプトの明確さが共通点としてあることに気づきます。

関連記事

  1. シェアリングエコノミーって?サービス例、背景、企業、就職のポ…

  2. キャリアビジョンを叶えるパラレルキャリアという働き方とは?

  3. 【デザイン思考】思考フレームワーク特徴まとめ【PDCA】【O…

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】NTTデータ

  5. 【就活】つぶれない会社を見分ける方法【ドラッカー】【ビジョナ…

  6. ビジョンやミッションと一緒に考えたい言葉「ムーンショット」と…