【経営理念-企業ピックアップ】阿波製紙株式会社

阿波製紙株式会社

阿波製紙株式会社は、藍商人を中心とした徳島の経済人の支援を受けて、1916年に徳島県内初の機械すき和紙メーカーとして設立されました。以来、阿波和紙の伝統を継承し、「紙」の可能性を追求されながら、今日の特殊紙・機能材料メーカーへと成長を遂げています。

紙の可能性を追求

同社は、楮・三椏といった和紙原料から始まりました。
コットンリンター(綿実)という非木材繊維を主原料とした特殊紙を開発し、様々な用途展開を図っています。
多種多様な原材料の調査研究を行い続け、機能材として高付加価値・高品質化を追い求めています。
その結果、同社は、お客様をはじめ各方面の方々との共同開発を通じ、紙の概念を超えた機能紙・機能材へと幅広い製品群を生み出しました。
機能紙とは、書く、拭く、包む以外に、化学繊維・合成繊維・無機繊維・金属繊維・鉱物繊維など、多種多様な原料に、同社が培ったコア技術を加え、電気絶縁・導電・遮光・耐熱・防音・濾過・分離・吸着などの働きを持たせた紙をいいます。
また、機能紙を加工し、製品に多様な機能を付与した機能材の製造も行っています。

和紙メーカーから特殊紙・機能材料メーカーへ

同社は1916年に機械漉和紙メーカーとして創業され、時代ニーズに合わせた製品の開発、製造・販売を行うことで機能紙・不織布メーカーへと成長を続けています。
同社グループの特徴は、自動車関連業界において、自動車の動力部分に欠かすことのできない製品を長年にわたり製造・販売されています。
主要な製品はエンジン用濾材、クラッチ板用摩擦材原紙、鉛蓄電池用セパレータ原紙などです。
また水処理関連業界において、海水淡水化や超純水製造といった高度な水処理に欠かすことのできない分離膜支持体用の不織布の製造・販売を行っています。
分離膜支持体用不織布の技術を活かして、独自開発された廃水処理用MBR(膜分離活性汚泥法)浸漬膜ユニットM-fineの製造・販売を行っています。
さらに、一般産業用資材として、食品用、電気・電子部品用などの各種産業用途向け機能紙の製造・販売を行っています。
食品用は、主に加工食品の鮮度保持用に使用される脱酸素剤の包材として、電気・電子部品用は、主に電子機器などの断熱部材や放熱部材として使用されています。
その他、主に耐熱プレス用の工程紙として使用される耐熱クッション材などがあります。

新中期経営計画『Awa Breakthrough Plan』

3次中期経営計画 <2022年3月期-2024年3月期>

長期経営基本方針

1.新市場の開拓と事業領域の拡大
2.中核商品のグローバル市場における競争優位の追究
3.SDGsと高収益の両立

中期方針

1.中期事業戦略
①基盤事業の拡大と強化
②新事業の創出
2.経営基盤の強化
①デジタル営業の推進
②生産性カイカクの実践
③人財育成

中期経営計画の骨子

同社は、中期事業戦略として「基盤事業の拡大と強化」及び「新事業の創出」を掲げています。
基盤事業では、生産力の増強及び営業力の強化を図ります。
新事業の創出は、サーマルマネジメント事業の確立、MBR(膜分離活性汚泥法)用浸漬膜ユニットを主とする水環境事業の拡大に力を注いでいきます。
また、アライアンスの戦略的活用やブランド戦略の強化と展開に取り組み、事業領域の拡大を図っていきます。

経営(企業)理念・使命/紙の可能性を追求し、多様な機能材との新結合を図る

私たちの使命

私たちは、紙の可能性を追求し、多様な機能材との新結合を図ると同時に、環境との調和を目指した商品・サービスの提供を通じて、人類・社会に貢献します。

私たちの目標

私たちは、独自の製品・技術・サービスでの世界一の会社を目指します。

私たちの行動指針

1.私たちは、お客様のご要望に「正直さとまごころ」を持ってお応えします。
2.私たちは、失敗を恐れず時代の最先端のものづくりに挑戦します。
3.私たちは、知識・技能・感性を高めて人間力を磨き、自律を図ります。
4.私たちは、良識と責任を持ち、倫理規範を遵守し利益を追求します。
5.会社は、社員に活躍の場と学びの場を提供し、一人ひとりの物心両面の幸福(しあわせ)を追求します。

社是/道徳経済合一

「日本に近代経済社会の基礎を築いた渋沢栄一翁の企業経営に対する志は、『論語とそろばん』と言われるように、『道徳・経済合一』主義、利益追求のみを優先させる企業経営ではなく社会の利益を念頭に入れた企業経営、すなわち、私企業活動と公益との両立を目指したものでありました。
当社においても『道徳・経済合一』主義のもと自らを律して高い倫理観をもった経営を実践すると共に、お客様から信頼される良質な製品をお届けし、利益を上げることを目指してきました。
今後も道徳と経済を両立させた経営を社是として社会に貢献していきます。」

創業の精神

社会への貢献

・徳島県の豊富な水資源と山林資源を活かした新産業を立ち上げ、地域経済に貢献したい

文化・文明の創造

・安価で高品質な和紙をつくり、人々のより快適な生活と文化の発展に貢献したい

独創性の発現

・最新の技術と設備で、時代の先端をいくオンリーワン製品をつくりたい

相互信頼の醸成

・社会の人達から信頼される、夢のある会社をつくりたい

社員幸福の実現

・社員のより豊かな生活と幸せを追求したい

まとめ

阿波製紙株式会社は、主として機能紙や不織布の製造・販売を行っています。独自の加工技術を生かし、紙の多様性を追求しています。時代のニーズに合わせ幅広い産業用製紙の開発に挑戦しています。

引用:阿波製紙株式会社 https://www.awapaper.co.jp/

「vision」内 阿波製紙株式会社

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】ナカバヤシ株式会社

  2. 【企業研究】ミッション、ビジョン、経営理念の違いは?

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】石塚硝子株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】リンテック株式会社

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】タビオ株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社サンウッド