【経営理念-企業ピックアップ】株式会社アスカネット

株式会社アスカネット

株式会社アスカネットは、1995年に設立されました。「1冊でも、書店にある写真集に負けない品質」を目指し、長年に渡ってさまざまな研究を重ね、世界で認められる品質を実現しています。

「イノベーション」を キーワードにした3つの事業

同社は、”インターネットから写真集”という新しい写真表現の提案にチャレンジしている「フォトブック事業」は、創業以来のビジネスです。
また、葬儀葬祭市場に特化した「フューネラル事業」や、空中結像という今までにないユニークな技術で、新しい市場を創造し、夢の実現を目指す「空中ディスプレイ事業」と、それぞれに位置づけや特色が異なる3つの事業を展開している企業です。

フォトブック事業

デジタルカメラの普及やブロードバンド環境の一般化を背景に、オンデマンド印刷による1冊からの少ロットに対応した個人向け写真集を作成、販売し、関連するソフトウェアを開発しています。

フューネラル事業

インターネットやクラウドを利用した、葬儀社向け遺影写真のデジタル加工及び動画の配信、葬儀演出サービスやそれらに付随するシステム機器やサプライ用品等の販売を行っています。

空中ディスプレイ事業

空中結像技術を基に、様々な映像画像の新しい表現方法を模索しています。「空中に映像が浮かぶ」という今までにないビジネスにチャレンジしています。

アスカネットの歴史(事業・サービス)

写真撮影業務の株式会社飛鳥写真館から、1995年に独立しデジタルフォト専門の企業としてスタートしました。
1999年には、メモリアルビデオ・ブライダルビデオの通信業務を開始しました。
2000年の1月には、個人向け写真集(マイブック)制作事業の企画を開始し、12月にはオリジナル写真集制作「マイブック」のサービスを開始しました。
2002年には、プロ写真館向け写真集製作専用ソフトウェア「プロフォトブックエディタ」を開発し、販売を開始しました。
2004年からは、「マイブックデラックス」サービス及び「マイブックミニモバイル」などのサービス開始をしました。

これらの他、写真に関する事業・サービスを多岐にわたって展開しています。
直近の2021年には、友人・職場の上司や同僚・親族へスマホで簡単に出産報告ができる、e-tayori(いいたより)のサービスを開始しました。

中長期的な会社の経営戦略

同社は、ニッチストック型ビジネスであるフューネラル事業と安定成長型ビジネスであるフォトブック事業、空中結像という新しい市場の創造を目指す空中ディスプレイ事業という位置づけの異なる3つの事業にバランスよく力を注いでいきます。

フューネラル事業

遺影写真加工のさらなるシェアアップを図るとともに、顧客である葬儀社の新しい収益機会の提供および業務効率化を可能にするITサービス「tsunagoo」の浸透を進めていきます。
さらに、葬儀社向けに新しいサービスを開発し、拡充していきます。
また、AIを含めた最新技術の導入やテレワーク対応などへの対応を進めていきます。

フォトブック事業

同社が誇る高い写真印刷技術や製品開発力及び充実した営業・サポート体制という強みを背景に、フォトブック事業の認知度の向上を行って、印刷による1冊から写真集という新しい写真文化の浸透に力を注いでいきます。
高品質・多品種をコンセプトにしているプロフェッショナル写真家向けの「アスカブック」及びコンシューマ向けの「マイブック」はそれぞれにおいて、新製品を継続的に投入し成長を持続していきます。
また、少品種・低価格をコンセプトとするOEM供給は順調に拡大しており、パートナーと良好な提携関係を継続していきます。
生産面では、業容の拡大に応じた適切な生産能力の増加と生産効率の向上に行うとともに、顧客ニーズに即した発注ツールの開発や製品ラインナップの充実に力を注いでいきます。
さらに、新しいウェディングや撮影スタイルに適応した新しいサービスの開発にも力を注ぐとともに、スタジオ写真や建築写真などウェディング向け以外のマーケットの開拓も進めていきます。

空中ディスプレイ事業

同社の独自の空中結像技術は、高輝度・高精細・高い飛び出し距離などで優位性があります。
この技術を活用して画像映像の新しい表現方法の確立を目指しており、結像を可能にするプレートの開発、生産、販売により同社の成長の原動力とするべくチャレンジしています。
用途は、サイネージ用途と、センサーとの組み合わせによる製品組込用途に分けられ、前者はガラス製プレートが、後者は樹脂製プレートが適しており、ガラス製プレートと樹脂製プレートともに開発・生産・販売を進めています。
国内外の展示会への出展や活用用途の具体的な提案などにより、プレートの普及を推し進めていきます。
プレートの生産につきましては、ファブレス形態による生産に加え、技術開発センターを設立し、量産技術の内製化にもチャレンジしていきます。
また同社は、上記3事業にとどまらず、ベンチャー企業との提携を含め、新しいビジネスや市場の創造に取り組んでいきます。

経営(企業)理念/世界に誇れるチームの心と技術でワクワクする未来を創造し多くの人たちに幸せと感動を提供

「私たちは、アスカネットに関わる一人ひとりの思いを大切に、世界に誇れるチームの心と技術で、ワクワクする未来を創造し、多くの人たちに幸せと感動を提供します。」

まとめ

株式会社アスカネットは、フューネラル事業・フォトブック事業・空中ディスプレイ事業とそれぞれに位置づけや特色が異なる3つの事業を展開している企業です。今後は、上記3事業にとどまらず、ベンチャー企業との提携を含め、新しいビジネスや市場の創造にも取り組んでいくと思われます。

引用:株式会社アスカネット https://www.asukanet.co.jp/index.html

「vision」内 株式会社アスカネット

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】アース製薬株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社アートネイチャー

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】ラサ商事株式会社

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】金下建設株式会社

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社クレオ

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】長谷川香料株式会社