【経営理念-企業ピックアップ】株式会社天満屋ストア

株式会社天満屋ストア

株式会社天満屋ストアは1969年に設立されました。「天満屋ハピータウン」「天満屋ハピーズ」など、岡山・広島・鳥取エリアに根ざしたスーパーマーケットを展開することで、買い物の楽しさや生活の潤いを提供しています。

移動スーパー「とくし丸」

日本一にまで成長! 移動スーパー「とくし丸」の開業

「100m先のコンビニに行くことすら難しいお客様がいる。買い物をするということは決して当たり前のことではない。」という地域に住む方の声がきっかけで、2015年からはじまったのが移動スーパー「とくし丸」です。

究極のセレクトショップ

スーパーマーケットは、店舗が大きければ大きいほど品揃えが豊富になり、魅力的だと人びとに、考えられがちです。
しかし、地域の高齢者の方々からは「広すぎて、目的の商品を見つけるのに苦労する」や「必要な商品を買い揃えるのに歩き疲れる」という声があります。
若く健康な方々にとっては、品揃えの豊富さはとても魅力的ですが、地域の高齢者の方々には、それがかえって大きな負担になることがあります。
それらの声や負担を解消するべく、同社の移動スーパー「とくし丸」は、軽トラックを使用しています。
そのコンパクトな荷台に積み込んだ商品は、約400品目、約1,200点にもなります。
買い物する方々によっては、「物足りない」と思われるかもしれません。
しかし、同社の「とくし丸」スタッフが、地域に住む方々に薦めしたい商品ばかりを選りすぐり、荷台に搭載しているため、「物足りない」を解決しています。
「とくし丸」は、究極の「セレクトショップ」を体現しています。
また、同社のスタッフは、思いやりを持って接し、暮らしを明るくして、地域の住む方々に頼られています。
現在、日本で一番多い台数を持ち、同社における誇りの事業になっています。

天満屋ストアの強み

仕入れ革命!買参権の獲得

同社は、「どこよりも早く、新鮮で旬な地元食材を人びとに届けたい」との想いから、根気強く市場に出向き、関係性や信頼を築いた結果、買参権を獲得しました。
市場から直接仕入れること(買参権)で、満足度の高い商品を揃えることに成功しました。
誠実さと行動力が生んだ「仕入れ革命」ともいえるこの成功体験は、今の同社の確固たる強みとなりました。

最適な品揃えを実現!物流センターの開設

1969年の創業時から着実に店舗数を拡大していくにあたり、「どのお店も平等かつ満足度の高い売り場づくりを行うことが何よりも大切である」と、同社は考え、1994年に物流センター(現:生鮮センター)を開設しました。
開設により、各店舗に必要なものを効率的に配送できるようになり「いつ行っても、どこに行っても」人びとのニーズを満たすことができる店舗運営を実現しました。

かつてない一大事業!大型店舗の同時オープン

1977年5月、当時のハピータウンにおいて最大店舗となる「天満屋ハピータウン岡南店」を開店し、その僅か2ヶ月後に「天満屋ハピータウン原尾島店」を開店しました。
同社スタッフが力を結集して築き上げた2つの店舗は、現在、同社にとっても、地域の方々にとっても無くてはならない存在になっています。

時代に先駆けた会員サービス! ハピーカードの導入

1988年、全国でまだまだ普及していなかった「会員サービス」ですが、同社は時代に先駆けて会員サービス「ハピーカード」をいち早く導入しました。
ポイントサービスやレジャー施設の優待割引・多彩な支払い方法など、利用する方々のメリットを第一に考えたサービスを充実させました。
さらに、2011年には電子決済付きにするなど、時代の変化に素早く、そして柔軟に対応し続けました。
その結果、現在では、会員数が90万人以上になっています。

常態化した新たな生活様式への変化対応

同社グループは、常態化した新たな生活様式への変化対応を最重点に取り組むとともに危機管理やコンプライアンスの徹底によるコーポレート・ガバナンスの強化にも力を注いでいきます。
小売事業は、新たな生活様式が浸透するなか、短時間や非接触でのお買物ニーズへの対応として、スマートレシートの導入やキャッシュレス決済の推進、ネット販売の拡大に力を入れていきます。
清潔な店舗環境の整備を継続し感染防止策の徹底を進め、同時にコロナ禍における生活応援として、スーパーハピープライス商品数増によるEDLP(低価格戦略)の強化やシンプルで分かりやすい曜日販促およびEdy付きハピーカードの新販促に取り組んでいきます。
また、店舗の全面改装やホームファニシングストアの「ニトリ」を導入や、店舗の第二期改装として、その店舗の駐車場に「ホームセンタータイム」の開業、店舗本店で生活雑貨専門店「ロフト」を導入するなど既存店舗の活性化を進めています。
ほか、同社と他企業との業務提携も深耕を進めていきます。
さらに、プラスチック使用量の削減や太陽光パネルの設置など環境に配慮した取組み、地域社会との協働による地域の活性化を図ります。
また、同社が認定を受ける「くるみん」や「健康経営優良法人」に基づく働きやすい職場環境づくりを進めるなど持続可能性社会の実現を目指していきます。
小売周辺事業は、品質管理と衛生管理を一層強化するとともに、多様なニーズに対応し、商品開発力の強化や生産性の向上に力を入れていきます。

経営(企業)理念/優良商品の販売を通じて地域社会の生活文化の向上に寄与する

「天満屋ストアでは、スーパーマーケットの原点である生鮮食品に磨きをかけ、地域のお客様のニーズに応えた商品提案ができる魅力あるお店づくりを進めてまいります。
また、お客様満足を第一に、移動スーパーやリサイクル活動などを通して、地域の身近な暮らしをより豊かにする企業を目指してまいります。」

行動規範

現場第一主義
明るく元気に
5Sの徹底
スピードと実行

まとめ

株式会社天満屋ストアは、地域に根ざしたスーパーマーケットを展開しています。今後も、「天満屋ハピータウン」「天満屋ハピーズ」の店舗拡大や「移動スーパー とくし丸」の事業を拡大し、地域の人々に寄り添っていくと思われます。

引用:株式会社天満屋ストア https://www.tenmaya-store.co.jp/

「vision」内 株式会社天満屋ストア

関連記事

  1. 【経営理念-企業ピックアップ】ナカバヤシ株式会社

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社よみうりランド

  3. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社ソラスト

  4. 【自己研鑽】自分のビジョンを達成する!個人の目標達成のための…

  5. 理念やミッション、ビジョンが浸透している企業を見分けるヒント…

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社データ・アプリケーショ…