【経営理念-企業ピックアップ】株式会社バリューデザイン

株式会社バリューデザイン

株式会社バリューデザインは、2006年に設立されました。プリペイドを中心とした様々なソリューションを提供しています。

お客様の満足感を高め、より通いたくなるお店の実現へ。

同社のサービスは、お店オリジナルのプリペイド型電子マネーと購買データ分析、スマートフォンアプリなどを用いることによって、キャンペーン情報や還元などのサービスを、お客様それぞれの嗜好や購買行動に合わせて提供しています。

売上アップとオペレーションの効率化を一緒に実現

POINT1 売上のアップに貢献

キャッシュが先に入る「プリペイド(前払い)」と、そのお店「専用」という2つの特性を生かし、売上向上に貢献しています。
お客様がプリペイドにチャージした金額は、その時点でお店のキャッシュとなるため、それを原資に独自の還元率やキャンペーン設定などでお客様へ還元することで、来店頻度や購買単価を向上させ、売上アップにつなげることができます。

POINT2 ユーザーの購買パターンを可視化して、優良顧客育成を支援

会員ごとのカードの利用状況から、購買行動を可視化し、データに基づいたプロモーションの企画から、スマホアプリなどのチャネルを使った消費者へのリーチまで、ワンストップでサポートし、効率的な販促・マーケティング活動を実現しています。

POINT3 オペレーションの効率化

キャッシュレス決済によるレジ処理のスピードアップや、現金管理コストの削減はもちろん、キャッシュフローの安定化など、人員不足解消や業務効率化を実現しています。

プリペイドカードの可能性

同社の創業者である尾上徹氏は、同社設立以前より、十数年来決済事業に携わってきた中で、欧米を中心に利用されていた、「一般的な技術を活用し、企業及び顧客の利便性を最大限に発揮できる」決済スキームであるプラスチックカード型プリペイドカードの可能性に着目し、日本国内での事業展開を決意し、同社を設立されました。

世界中に、新しいValueを

同社の仕事は、「プリペイド」から始まります。
しかしそれは、従来の「支払手段」としての「プリペイドカード」ではありません。
マーケティングやファイナンスなどの機能も包含し、「お店とお客様のつながりをつくる」ための、新たな領域のサービスです。
それが、同社の「プリペイド」です。その「プリペイド」は、日本とアジア7万店舗以上に導入され、お店とお客様のつながりをつくっています。

アジアナンバーワンのポジション獲得を目指して

・ハウスプリペイドカード事業(収益性向上)

有力代理店との関係強化による新規獲得の増加、導入店舗数拡大、関連ソリューション導入等による既存案件の収益増加を図り、ストック型収入の源泉である取扱高の拡大に力を注いでいきます。
また、プリペイドカードの製造等の売上原価やその他販売費および一般管理費の継続的な削減にも力を入れ、収益性の向上を図っていきます。

・ブランドプリペイドカード事業(新規のカード発行会社(イシュア)及び提携先の獲得)

2013年にブランドプリペイドカード事業を開始しました。
ブランドプリペイドカード事業の開発は、総額約8.8億円規模の投資を実施し、早期に投資資金回収を図っていきます。
カード発行会社(イシュア)では、受注してからサービス開始までに10ヶ月以上の期間を要しますので、早期受注が課題としています。
また、新規の提携先は、ハウスプリペイドカード事業の代理店網を活用し、さらなる営業強化を目指しています。
同時に、センター機能見直しや提携先を追加する際のプロセスを簡略化し、導入コストを削減し、競争優位性を強化することで、カード発行会社(イシュア)及び提携先の獲得へ向けて改善に動いていきます。

・アジアへの事業展開の体制構築と実績の確立

アジア5ヵ国に現地法人を設置し、2ヵ国に代理店を経由して事業展開をしています。
各国とも代理店・協業パートナーと共に新規顧客の開拓を続けています。
規模の拡大、案件数の増加が進み、新規営業やサービス運営、及び現地法人の運営体制の強化が課題としています。
会員管理やモバイル決済など、各国の事情に合わせたサービスニーズの提供に向けた現地企業との提携や、M&Aなども視野に入れた各国の同業企業との連携などを行い、アジア主要国での実績の早期確立・拡大に力を注いでいきます。

・システム稼働の安定化

サーバー管理型プリペイドカードシステムをASP(アプリケーションサービスプロバイダ:アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供するサービス)で提供し、ユーザーに24時間365日間、安心してサービスを利用していただくために、システム稼働の安定化が重要な課題としています。
大型案件の増加によるアクセス数及び取扱高の増加に対応するため、ハウスプリペイドカード事業向けのシステム設備の増強を行っていますが、更に安定稼働に向け、システム運用体制の整備、運用業務の改善等を進めていきます。
また今後も継続的な設備投資を行い、システムの信頼性向上を目指しています。

Vision/アジアNo.1のプロセッシングカンパニーを創る

Mission・理念

「『バリューカード』を通じ、サービス提供企業と消費者の
コミュニケーションの架け橋となり、
双方のメリットを極大化し、社会に貢献します。」

まとめ

株式会社バリューデザインは、「プリペイド」によって様々な課題を解決し、人々の暮らしを豊かにしています。今後も、「プリペイド」サービスの強化を図り、海外にも目を向けて、事業の発展を目指していきます。
引用:株式会社バリューデザイン https://www.valuedesign.jp/

「vision」内 株式会社バリューデザイン

関連記事

  1. シェアリングエコノミーって?サービス例、背景、企業、就職のポ…

  2. 【経営理念-企業ピックアップ】石油資源開発株式会社

  3. 【医療】ヘルステック企業のミッション・ビジョンまとめ【コロナ…

  4. 【経営理念-企業ピックアップ】ミニストップ株式会社

  5. 【経営理念-企業ピックアップ】キッコーマン株式会社

  6. 【経営理念-企業ピックアップ】株式会社近鉄エクスプレス